絶景の小梨平キャンプ場で夫婦キャンプ vol.3

翌朝6時起床。
それにしても山男&山ガール(かなり多い)たちの朝は早い。
もう午前4時くらいから周りがガサゴソと騒がしくなってきてました。

ま、それはそうと今日もとても良いお天気です。

テントの中から穂高連峰を望む

小梨平キャンプ場の朝

梓川から穂高連峰を望む

朝日が差し込む穂高連峰

素晴らしく気持ちの良い朝のひととき。

梓川のせせらぎと小鳥たちのさえずりが澄んだ空気の中で響き渡ります。
PRIMUSのバーナーで湯を沸かし、コーヒー豆をPORLEXのミルで挽いて、SnowPeakのチタンマグカップに熱いコーヒーを淹れます。
そしてHelinoxのチェアワンに腰かけてコーヒーを啜りながら、朝日に照らされていく穂高連峰を眺めます。(こりゃ堪らんな・・・^^)

で、ふとスマホで天気予報をチェック。
するとどうもお天気は下り坂で、何と今晩からは雨予報となっていました。(エ? アレ? マジ?)

てことで、奥さんと今後の予定を協議します。
ま、日中は天気が持ちそうですので、とりあえず午前中だけトレッキングして、帰ってきた時に改めて天気予報をチェックして、その時にまた決めましょうてな感じに決定。

とりあえず7時になったので小梨平食堂に行きます。

小梨平食堂の朝定食(和食)800円なり

結構良いお値段ですが、朝早くからこんなに温かいご飯やお味噌汁をいただけるんですから安いものです。
ちなみに写真を撮り忘れましたが、この食堂の大きな窓からも穂高の山並みを望むことができます。
ま、ある意味とても贅沢な朝食タイムです。

で、午前8時半前にトレッキングへと出発。

トレッキングへ出発

実は今回トレッキングポールというものを初めて使用しました。
ま、正直どんなものか分かりませんでしたので、1セット3000円ほどの格安トレッキングポールを使ったのですが、これが想像以上の大ヒット。

何よりも坂を上ったり下ったりするときが楽で、ガレ場で少々歩きにくい所でもポールでちょっと支えるだけで軽くバランスが取れるところが凄い。
また平坦路でも腕でリズムをとって歩く感覚が何とも心地良い。このままどこまでも歩いていけるような気がします。
巷ではノルディックウォーキングということで結構流行っているようですが、なるほどこれはあるのとないのとでは全然違います。とても楽に歩けてしかも楽しい。

ちなみに今日は、昨日行った明神橋からそのまま梓川沿いをもっと先に進み、井上靖の小説「氷壁」で有名な徳澤園を過ぎ、そしてその先にある「新村橋」まで行って折り返してくるルートを予定してます。
小梨平キャンプ場から片道7km程度。ずっと梓川沿いですので、ほとんどアップダウンはありません。ま、ゆっくり歩いてもお昼頃には小梨平キャンプ場に帰って来れるでしょう。

午前10時。
出発から2時間ほどで徳澤園手前にある「徳澤キャンプ場」に到着しました。

徳澤キャンプ場に到着

徳澤キャンプ場からの眺め

芝生がとても気持ち良さそうなキャンプ場です。

実はこの日の一番の目的はこの徳澤キャンプ場を下見することだったりします。
いつかこの徳澤キャンプ場か、もっと先にある横尾野営場にテント泊しながら、そして憧れの涸沢カールに行ってみたいんですよね~。

ま、しかしこの徳澤まででも上高地バス停から片道約2時間歩かないといけません。
横尾野営場なら更に1時間強。そしてそこから涸沢カールまでは3〜4時間の上りとなります。
テント泊一式となると軽量化しても15~20kg程度の50Lザックを背負うことになるでしょう。
う~ん、まだまだ夢の世界やな~。。。^^;

てなことを思いながら徳澤園に到着しました。

氷壁の宿「徳澤園」

氷壁の宿「徳澤園」

うん、いいですね~。

小説「氷壁」で舞台の一つとなった宿です。
魚津も小坂も、そしてかおるも上高地からここまで歩いてきて、そして穂高へと登って行きました。
昭和30年に起きた「ナイロンザイル事件」をモチーフにした物語。
この事件が後のPL法制定に繋がっていったとも言われます。

と思いふけっているうちに、本日の目的地である「新村橋」が見えてきました。

新村橋に到着

新村橋から穂高を望む

パノラマコースは閉鎖中

この橋を渡って涸沢へと抜ける通称「パノラマコース」でも涸沢カールへと行けるのですが、現在はまだ残雪のために不通になっているようです。

それにしても涸沢カールか。(行ってみたいな~)
ま、現実的な夢としては、1日目に小梨平キャンプ場、2日目に横尾野営場、3日目には涸沢カールでそれぞれテント泊し、4日目にパノラマコース経由でこの新村橋を渡って徳澤キャンプ場へ。そして5日目の朝に上高地からバスで帰還・・てな感じのスケジュールなら可能かな?(奥さんと一緒でも?)

う~ん、しかし一体何日休暇をとらなアカンねん。。。^^;

来た道をそのまま戻ります

ホトトギス~♪

キノコみたいなギンリョウソウ~♪

てなことを考えながら来た道をそのまま戻ってると、12時すぎには小梨平キャンプ場に帰ってきました。

往復約4時間。
足も腰も結構パンパンです。
でも私たちのトレッキングコースとしては、ちょうど良い感じ。朝の良い運動になりました。

とりあえずお腹が空いたので、また小梨平食堂に入ります。

また小梨平食堂へ

鶏山賊カレー 1100円なり

鶏の山賊焼きが入ったカレー。
山賊焼きとは鶏肉の南蛮揚げのようなもの。
これが結構美味かった。カツカレーも良いけどこれもよくカレーに合ってます。

で、ココで改めて天気予報を確認しましたが、やはり今晩から明日にかけてずっと雨が続く予報となっていました。(う~ん、ダメか・・)
てことで、もうテントを撤収して帰宅することに決定します。
ホントは明朝までゆっくりしてから帰るつもりでしたが、雨の中をテント撤収したり、バス停まで歩くことを考えると、今日のうちに帰って自宅でゆっくり過ごす方が遥かに楽だということで・・・。

いやしかしこうして奥さんとキャンプに行って、景色の良いところでトレッキングしたり呑んだくれたりするのも結構楽しかったな~。

さて、次はどこに行こうかな~?

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

カテゴリー: キャンプ関連, トレッキング関連 | コメントする

絶景の小梨平キャンプ場で夫婦キャンプ vol.2

ここ上高地は、穂高岳や槍ヶ岳、焼岳などへの登山だけではなく、レベルに応じたウォーキングコースも結構楽しめるようになっています。

上高地ウォーキングマップ

てことで、小梨平キャンプ場から2時間程度で楽しめるルートとして、明神池方面へのトレッキングに行ってみることにします。

で、まずは河童橋へ。

河童橋

いやいやこの日は平日だというのに結構な混雑ぶり。(難波の戎橋かと・・)
でも橋からの眺めは、ホントにまるで絵のような景色が広がっています。

河童橋からの景色

河童橋を渡って右折し、梓川の右岸方面へ。

ここから明神池までは整備された木道が続く気持ちの良いトレッキングコースが続きます。

良い雰囲気の木道です

立木の美しい岳沢湿原へ

お猿さんが魚を捕ってました

緑が溢れてます

傍らにはキレイなせせらぎが流れます

河童橋から小1時間ほどで明神池へと到着しました。

ちなみに明神池だけは入場料300円が必要となります。(個人の敷地なのかな?)

明神池二の池

明神池一の池

なかなか神秘的な大きな池。
人も少なくてとても静か。

そしてお腹も減ったので、明神池の畔にある「嘉門次小屋」で一休みします。

ざるそば~♪

お腹も落ち着いたので、明神橋へと向かいます。

明神橋から明神岳を望む

河童橋とは全然違って人影はまばらです。

しかしホントに良いお天気。
そしてどこを撮っても絵になります。

明神橋からは梓川の左岸を進みます。

梓川左岸道へ

左岸道はこんな感じのフラットダートで、右岸道よりもかなり歩きやすい道が続きます。

ここをグラベルロードで走ったら気持ち良いでしょうね~。
ま、さすがにそんな人はいませんでしたが、何と2台ほど車とすれ違いました。
たぶん明神館や徳澤ロッジに荷物を運んでるのでしょう。

明神館から40分ほどで小梨平キャンプ場に到着。
2時間ほどのとても楽しいトレッキングでした。

キャンプ場内にあるお風呂に入って汗を流してから、売店でお酒やアテを買い込んで、そしてテントで一休みします。

キャンプ場内にある食堂&売店

とてもキレイで広いお風呂があります

冷えたお酒がたくさんあります

カップ麺がパンパンに膨らんでます

キャンプ場内にある売店はとても充実していて、しかも値段がそれほど高くありません。
BBQの食材もありますし、お米も100gから売ってますし、ちょっとしたコンビニ以上の品揃えです。

お風呂は1回600円。
洗い場が10名分くらいあるような広いお風呂でビックリ。
湯温はちょっと熱めですが、めちゃくちゃさっぱりできました。

そして雄大な穂高連峰を望みながら、約30年ぶりに読み直す文庫本と酎ハイを手にしながらの休息タイム。

いやいやこりゃ堪りません。。。(^^♪

ああ、最高のひとときでし

それにしても素晴らしいキャンプ場です。

食堂も売店もお風呂も充実してますので、テントさえ張ってしまえばとても快適。
車で直接来れないところは難点ですが、その分とても静かで何ともリゾート感が溢れてます。
ちなみにスマホの電波も入りますし(au版mineoです)、何と食堂内ではフリーWifiも使えました。

その後、奥さんと一緒に呑んだくれた後、シュラフに包まって就寝。

そして23時ごろにトイレに行こうかと目を覚ますと、奥さんに「星が見えてるよ」と声をかけられます。
「マジか?」とテントから空を見上げると、確かにお星さんが見えてました。(お!)

てことで、慌てて撮影準備をして、そして近くの梓川の堤防へと上がって撮影を始めます。

小梨平キャンプ場からの星空 (Canon EOS6D・SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE・マニュアル露出・F2.8・20秒・ISO4000)

小梨平キャンプ場からの星空 (Canon EOS6D・SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE・マニュアル露出・F2.8・25秒・ISO6400)

小梨平キャンプ場からの星空 (Canon EOS6D・SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE・マニュアル露出・F2.8・13秒・ISO4000)

う~ん、ちょっと雲がかかってしまってますが、ま、何とか撮れたッて感じ。

ホントはテントも一緒に撮りたかったのですが、場内の街灯が眩しくてダメでした。
でも少し離れるととても暗い場所もありますので、星空撮影にも結構良いキャンプ場だと思います。
もう少し晴れてたら、河童橋あたりからも狙ってみたかったのですが、それはまた次回のお楽しみです。

それはそうと星空写真の1枚目にはよく見ると流れ星が写ってるじゃん。(今、気が付いた・・^^;)

穂高連峰に落ちる流星

以降、vol.3に続きます。。。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

カテゴリー: キャンプ関連, トレッキング関連, 旅行記, 星景写真 | コメントする

絶景の小梨平キャンプ場で夫婦キャンプ vol.1

私の中での「行ってみたいキャンプ場ベスト5」のトップにランクされているキャンプ場に奥さんとついに行ってきました。

小梨平キャンプ場

上高地の「森のリゾート小梨」という施設の中にある「小梨平キャンプ場」というキャンプ場。
昨年「キャンプと星と…」という私のお気に入りブログで紹介されているを見て、「これは一度行ってみたいな」とまさに夢に見ていたところです。

金曜日の朝6時。
アクセラ号にキャップ用品一式とカメラ機材一式を積んで大阪を出発。(この日のために休みを取りました・・^^;)
そして節約のために名阪国道経由で東海北陸自動車道に乗って、午前9時すぎには高山に到着しました。
で、とりあえず高山旧市街で軽くグルメを堪能します。

情緒ある高山の街並み

「じゅげむ」の飛騨牛串焼き

「坂口屋」の飛騨牛にぎり寿司

「いわき」のわらび餅

「二四三屋」のみたらし団子

「飛騨牛まん本舗」の飛騨牛まん

通りすがりの飛騨牛串焼き

いやいや喰った喰った。。。笑

さすが「食のパラダイス高山」。どれもこれも美味かった。奥方も大満足な感じです。
ちなみに最後に食べた「マルック」の飛騨牛串焼きが、1本350円とお安い割にはとてもグッド。ちょっと薄いお肉ですが、ちゃんと飛騨牛の味してました。^^

さてココからは平湯温泉までは車で1時間弱。
ちなみに上高地へはマイカー規制のため平湯温泉か沢渡でバスかタクシーに乗り換えないと行けません。
てことで平湯温泉に車を止めて、そしてキャンプ用品一式と撮影機材一式を持ってバスに乗り換えることにします。

上高地行きバス乗り場にて

ちなみに平湯温泉に車をデポする場合は、この平湯温泉から少し離れた「あかんだな駐車場」に止める(1日600円)のが一般的なのですが、駐車場予約サイト「akippa」で平湯温泉近くの駐車場(1日300円)を発見したので迷わずゲット。(ヨシ!)

で、予定ではココからタクシーで上高地に行くつもりだったのですが、なぜか客待ちタクシーが1台も見当たりません。
とりあえずタクシー会社に電話してみたところ「夕方ごろになってしまいます」とまさかの回答。(オーマイガー・・)
てことで、仕方なくバスへ乗ることになった次第です。

上高地までのバス料金は片道1160円。夫婦2人で2320円。
タクシーなら上高地までは定額代金と安房トンネル代金で合計6000円ほどかかりますので、かなりの割安になりますが、問題はこんだけの荷物を持って果たして乗れるのか?というところ。(他のお客様のご迷惑になるのでは?)
ちなみにこのキャンプ場に行くにあたって、色々なブログ等で情報を集めましたが、ファミリーキャンプで行く人はすべてタクシーを利用して大量の荷物を運んでもらっているようです。(う~ん、いけるのか?)

んが、その心配は全くの杞憂でした。
何と荷物はすべてバスの巨大なトランクに積んでもらえました。しかも無料。(←ココ大事)

上高地バスターミナルに到着

てことで、12時半ごろに上高地バスターミナルに無事到着。
ここから小梨平キャンプ場までは徒歩で10分ほどの距離です。

荷物が多い場合は、先にキャンプ場に行ってリヤカーを借りて来る(300円なり)こともできるらしいですが、今回は小型のキャリーを持ってきましたので、こいつを使ってゴロゴロとキャンプ場へと向かうことにします。

簡易キャリーを引いてキャンプ場へ

河童橋手前で休憩

小梨平キャンプ場内へ

距離的には大したことありませんが、ほとんどがダート道なので結構な労力が要ります。
正直この小型キャリーではちょっと無理があったような気がしますが、とりあえず何とか小梨平キャンプ場に到着しました。(ああ、チンド・・^^;)

で、まずは設営地の確認。
眺望が抜群と言われる梓川沿いのエリアに行くと、ラッキーにも丁度良い感じのスペースが空いていました。(お!やった!)

ベストポジション確保

管理棟に行ってキャンプの受付をします。
テント持ち込みの場合は1人1泊800円。
2人で2泊する予定ですので計3200円なり。(安い!)

で、サクっとテントを設営。

テント設営完了

いやいやまさに夢に見たとおり・・いやそれ以上に素晴らしい景色。
河童橋付近は多くの観光客で溢れていましたが、ここはとても静かで涼しくて最高のロケーションです。

時間はまだ14時前。お天気も上々。
ということで、奥さんと軽く近くをトレッキングに行くことにします。

以降、vol.2に続く。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

カテゴリー: キャンプ関連, 旅行記 | コメントする

Canon EOS 6D MarkⅡが発売されちゃいました!

現在の私の愛機は「Canon EOS 6D」。
暗所高感度撮影でのノイズに強く、そしてフルサイズとしてはリーズナブルですので、星撮りマニアの間でも使っている人が非常に多い一眼レフ機です。

それが約5年ぶりに完全モデルチェンジ。
何とバリアングル液晶が搭載され、そしてインターバル&バルブタイマーも内蔵されるなど、現行6Dで星撮りをする際の弱点が見事に解消され、しかも映像素子および映像エンジンともに大幅にスペックアップされている感じです。

キャノン 新EOS 6D Mark2 サイト

価格コムマガジン
待望の新型エントリーフルサイズ、キヤノン「EOS 6D Mark II」特徴レポート!

発売は8月上旬。価格はネットで22万円弱。
今ならキャンペーンで「追加バッテリー&SDメモリー64GB」か「256GBポータブルSSD」のどちらか1点と、専用ストラップ、そして専用画像管理編集ソフトなども貰えるらしい。

う~ん、現在の6Dをヤフオクで処分してもせいぜい10万円か?
S660号のローンもあるし、グラベルロードの嫁ローンもあるし、それなのにこの間南の島に行ったところやし・・^^;

エっと、何か他に処分できるものなかったっけ?笑

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

カテゴリー: カメラ関連 | 4件のコメント

西表島でSUPボードを初体験

実は5月末にまた八重山へ行って遊んでました。

今回のメンバーは6名。期間は3泊4日。
で、その2日目に西表島で初めてやったSUPボードがとても面白かったので、少しご紹介を・・。

SUPボードとは「スタンドアップパドルボード」の略で、大きめのサーフボードのようなボードの上に立って漕ぐ、まだメジャーになって数年程度の新しいギアです。

西表島「Roots/琉津」さんのツアーに参加

カヌーとはまた違った楽しさです

立っても座ってもOK

まず初めてSUPボードの上に立つ瞬間の緊張感と立ったときの高揚感が堪りません。
まるで初めて自転車に乗れたときのような感じ。(あまり覚えてませんが・・)

そしてカヌーと違って「立ってヨシ、座ってヨシ、そして寝てヨシ」と色々なポジションを楽しめるところが素晴らしい。
ボードの上にあぐらをかいて座りながらマングローブの中を緩~くパドルを入れながら進むのも心地良いですし、またそのままボードの上に寝転がってゆっくり流れる木漏れ日を見上げるのも最高です。
様々な小鳥のさえずりが響き渡る中をただポーっと漂う感じ。何とも贅沢なひととき。これはもう堪りません。^^

で、そんな様子をGoPro動画に軽くまとめてみましたので、よろしければどうぞご覧くださいまし。(約30分もありますが・・^^;)

ちなみにこのSUPボードツアーは当初の予定にはなかったもの。
予定の海釣りツアーが海が荒れて中止になったために、急遽申し込んで参加したツアーです。

ま、意外にと言うか、予想以上に楽しかった。
ちなみにこのSUPボード、アマゾンでは7万円くらいで売られているようです。

西表島で乗ったのはハードタイプでしたが、この商品は空気を入れて膨らませるタイプのようです。
ま、この方が手軽に車に載せて運べるでしょう。

うん、これも楽しそうだな。(一体いくつ遊び道具を持つつもりやねん・・^^;)

カテゴリー: 旅行記 | 2件のコメント