安全でスマートな運転を目指したい

車線変更時のウインカーは、道路交通法通り進路変更する3秒前に点滅させてから車線変更したい。
その3秒で死角に何か隠れてないかよく確認することが大事。ハンドルを切ると同時にウインカーを出すなんて無粋ことは決してしないように。
更に言うと、隣の車線に少し入ったところでウインカーを消すとよりスマートに見えます。

交差点を右左折する時も道路交通法通りに30m手前からちゃんとウインカーを点滅させ、予め後続車や周囲に曲がる意志を伝えます。ブレーキを踏んでからウインカーを出すなんてのは全然いただけない。
そして何よりスピードを落としてゆっくり曲がること。
日本では歩道をとんでもない速度で走る自転車が非常に多い。
もちろん横断歩道では歩行者や自転車が優先です。基本的に車が待たなければなりません。

右折時は慎重に

右折待ちはできるだけ中央線寄りに、そして真っ直ぐ止まる。斜めって後続車の迷惑にならないように。できればハンドルも真っ直ぐが良い。追突されて反対車線に飛び出さないように。
また右折の際に迫る対向車に気を取られて、曲がりながら急加速する人をたまに見かけますが、これは非常に危ない。
その先の横断歩道を渡る人や自転車と接触するリスクが増えるし、それに気付いて急停車されると対向車の方もたまったもんじゃない。

逆に交差点を通過する際には、常に対向の右折車が曲がって来るかもしれないと、心構えることが大事。
特に単独または車団の先頭で交差点に入る時は注意。
よくバイクが信号待ちの際に車団の前に出たあと、青信号で先頭で勢いよく飛び出して行って、その先の交差点で右折車や脇のコンビニから出る車などとぶつかりそうになってるのを結構見かけます。
単独走状態と、集団の先頭で走るのは結構リスクがあることを知って欲しいです。
それと前方の交差点で対向を右折する車が見えた時は、その後にも続いて右折する車があるかもしれないと予測して欲しい。
あの大津での悲惨な事故もそれが出来ていたら防げたかも知れません。もちろんあの事故の主原因は右折車の方だと思いますが。

前方に右折車あり

左折の際にはきちんと路肩に寄せてから曲がりたい。
そんなにギリギリ寄せる必要はありません。50cm程度が一番スマート。その距離を後輪で保ちながら曲がれば完璧です。
たまに左折時にちょっと右に振ってから曲がる人を見かけますが、余程狭い道でもない限り後続車の迷惑ですしあまりカッコ良いものでもありません。

車間距離は基本開けたい。
よく言われるとおり、車間距離の確保は安全運転の基本だと思います。動物が飛び出したりして前の車が急ブレーキを踏んでも十分回避できるくらいの距離は開けたい。
追従型のクルーズコントロールで試してみればよくわかるのですが、車間を詰めるとやたらと速度の加減速が多くなって走りにくい。
ただしあまり開けすぎるのも考えもの。しょっちゅう前に割り込まれたり、脇道から無理に入れこまれない程度の適度な距離を保ちたい。

信号で止まる時のブレーキは一定の踏み加減で停止線にピタっと止めたい。
これはホンダHMSでのバイクスクールでも毎回入れられている課題です。
同乗者にも後続車にも優しくあるために、そして後で紹介する山道で安全に走るためにも、ぜひマスターしたいスキルです。
他人が運転する車に乗っていて一番不安に感じるのはブレーキのタイミングと踏み加減です。
ブレーキ途中でいきなり急ブレーキになったり、最後にダラダラと低速で進んで距離を合わせたりする人が結構多い。
実際かなり難しい課題なのですが、練習すれば徐々に出来るようになります。ちなみに乗合バスなどを運転するプロにはさすがに上手い人が多いです。

ブレーキは一定にピタリと

信号などで前車の後に止まる際に、あまり詰める必要はありません。
突然前車が故障しても余裕を持って避けれるように、そして万が一、追突されても被害を最小限にとどめるためにも余裕を持って開けたい。
ていうか、前車の後ろにピタっと貼り付いて止まるメリットなんて一つもないと思います。

走行スピードは制限速度の15km/hプラスが限界だと思います。
50km/h制限ならメーター読みで65km/hまで。実測で60km/hちょい程度。これくらいのスピードなら捕まることはまずない(保証しませんが)し、後続車がイライラすることもまずありません。
これでも煽る車はとっとと譲って先に行かせるべきです。

ゴールド免許が欲しければ、上記の速度関係以外に、黄信号で無理に突っ込まないこと、そして一時停止でちゃんと止まること。またこれからは信号のない横断歩道での一時停止取締りも増えることでしょう。
ちなみに歩行者がいる場合だけでなく、駐車車両などで見通しが悪い時も一時停止しなくてはいけません。

ついでに言うと、ドラレコの装着は今や必須だと思います。
事故時や煽り運転などの交通トラブルだけでなく警察の取締り対策のためにも。そして万が一、目の前に巨大隕石が落ちてきた時に映像が撮れるように。(^^)

山道を走る時は何より安全第一。
ちなみに上りよりも下りの方が遥かに難しい。
基本はカーブの手前で十分にスピードを落とし、前輪に荷重をかけながらそのままカーブに入って姿勢をキープ、出口が見えたらやや加速しながらカーブを抜ける。常にタイヤのグリップ感を感じることが大切。
ちなみにこのカーブ前に十分にスピードを落とすために、先程の一定ブレーキのスキルが活かされます。
ただし見通しの悪いカーブでは、いつでも止まれる速度で。その先に落石があるかも知れないし、片側交互通行で車が止まってるかも知れない。
何より余裕ある運転を。スキルを上げるにはカート走行がお勧め。バイクならやはりホンダHMSでしょう。

それと後ろから早いペースの車に追いつかれた場合はサクっと譲っちゃいましょう。
それが一番スマートだと思います。

山道は安全第一

駐車は何よりゆっくりやること。
コンビニや高速のSAなどで、子供などと絡んでしまう事故は意外に多い。まずスピードを落とすこと。
そして駐車スペースを目で確認して、イメージすることが大事。左右のミラーやバックカメラも活用しながら。
理想はゆっくりと止まらずに一発で駐車スペースに入れること。でも少しでも不安があれば面倒がらずにちゃんと切り返す。いけるかな?う~ん無理かな?え~い、いけるやろ!とやると大抵ゴツっとやってしまう。
狭くて厳しい場合は諦めることも大事です。

以上、普段運転しながら感じてることをつらつらと述べてみました。。。

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

富士から鎌倉へ

10連休後半は、奥方と二人で新N-BOX号で車中泊しながら神社巡りの旅へと出ました。東海道沿いから富士、そして湘南の鎌倉辺りを2泊3日で回るコースです。

1日目は熱田神宮、砥鹿神社、そして富士山本宮浅間大社へ。

車中泊ポイントは富士五湖の一つ西湖の畔。
久しぶりに見る富士は相変わらず雄大で端正な容姿で出迎えてくれました。
何と生まれて初めて富士山を見たという奥方は、かなりテンション高めです。笑

西湖からの富士

西湖からの富士

河口湖からの富士

それにしてもどこから撮っても絵になる山です。

2日目は、甲府の浅間神社から、相模の寒川神社、鎌倉の鶴岡八幡宮、そして伊豆の三嶋大社へ。

鶴岡八幡宮のある鎌倉はかなりの人出と大渋滞が予想されるとの情報を某筋からゲットしてましたので、茅ヶ崎駅近くで予約したakippa駐車場に車を止めて、電車で鎌倉を目指すことにしました。

50年以上生きてきましたが、湘南近辺に来たのは初めて。
てことで、せっかくなので江ノ電に乗って鎌倉へ向かうことにします。

超満員の藤沢駅

江ノ電やってきました

先頭車両の好ポジションをゲット

このカバンが気になります

いやしかし、なかなか強烈な混雑具合でした。
でも列車を一本やり過ごすと、うまく先頭車両のポジションを確保できたので(たまたまです)、奥方と二人で景色を堪能しました。

iPhoneで撮った動画はこんな感じ。

これまでサザンの音楽でしか知らなかった湘南の風景は、想像通りにオシャレで明るくそしてどこか長閑な雰囲気が漂う素晴らしい処でした。
ただし『slam dunk』は読んだことありません。(^^)

鎌倉も大変な混雑でしたが、鶴岡八幡宮で御朱印を無事いただき、そしてお勧めされていたお土産もゲットし、ほぼ予定通りに茅ヶ崎駅へと帰還できました。

大混雑の鎌倉

鶴岡八幡宮へ

鎌倉紅谷「クルミッ子」

またN-BOX号に乗り換え、西湘バイパス経由で箱根を越え、そして三嶋大社へ。
そして三嶋大社からは、また西湖へと戻ります。
予定では三島近辺で車中泊するつもりでしたが、昨晩は雲が出て星空が撮れなかったので、再度挑戦です。

で、何とか撮れました。

富士と天の川

いつか撮ってみたかった『富士山と天の川』の撮影成功です。
ちょっと靄っていたのが残念ですが、湖面にはキレイに逆さ富士も写ってるのでヨシとしましょう。

3日目は、事任八幡宮と小國神社を巡って一気に鈴鹿へと向かい、久々に長男坊と山ほど回転寿司を食べて、大阪には16時ごろには無事帰還。
それほど渋滞に巻き込まれることもなく、ほぼ予定通りに日程をこなすことができました。

さて新N-BOX号での車中泊の旅はなかなか快適でした。
総走行距離約1200km。平均燃費は22km/lほど。
色々と気付いたこともたくさんありましたが、それはまた次の機会に・・気が向けば。

10連休もあっという間に終わりです。
巷では10連休は長すぎるという意見もあるようですが、オラの場合はあと10連休あっても全然大丈夫です。笑

カテゴリー: 御朱印ツアー | コメントする

隠岐へ

10連休前半は奥方とそして「一之宮に逝き隊」メンバーの計6名で隠岐へ。

あともうちょいでサンセット間に合わずの巻(宍道湖にて)

3泊4日の長期遠征。
神社巡りはもちろん、観光スポットに立ち寄ったり、美味しいものを食べたり、写真撮影に興じたりの、6名でワイワイと楽しい4日間でした。

隠岐「玉若酢命神社」の八百杉

隠岐「国賀めぐり定期観光船」

隠岐の宿での「岩ガキ」

べた踏み坂近景

べた踏み坂遠景

べた踏み坂夜景

お気に入りの「一反木綿」(水木しげるロードにて)

鳥取といえば「すなば珈琲」

平成から令和へ

平成から令和への本当に楽しい旅でした。

ちなみに「べた踏み坂」の平均勾配はたった6%ほどらしい。(エ?)
山に行けばこれ以上の激坂は山ほどありますが、こうして見る角度を変えるだけでインパクトが増すところが面白い。

さてこのメンバーとはこの夏に「雄山神社」を攻める予定となっています。

特に立山の標高3000mにある「雄山神社峰本社」は最難関の一之宮です。
もう宿も日程も確定しました。
メンバーそれぞれ登山用品も揃え、そして近辺の山を登りながら足腰を鍛え、その日が来ることを指折り数えて待ってます。

さああとは好天を望むばかり。
ああ、楽しみやな~。。。

カテゴリー: 御朱印ツアー | コメントする

KUALIS Ti Disk Road って

朝7時発で自宅近くのダート道へ。

自宅から10分でこんな良いダート道が

やっと春らしい天候になってきました。

小さな川の堤防沿いにはこんなダート道が結構残っています。
フラットダートで景色も開けていて気持ち良く走れます。
ただしこの時期は小虫がたくさん飛んでいて、顔にパチパチと当たるのが少々いただけないところ。

松尾農道沿いのダート道

松尾寺から梨本池そして谷山池沿いを抜けた先にある狭い林道。
途中一部担いでクリアしないといけない所もありますが、基本ダブルトラックの走りやすいダート道が長く続くお気に入りのルートです。

さてこのKUALISロード、なかなか快調です。
とにかく剛性感が高く、シフトチェンジのカンカンという音がフレームを通じて伝わってくる感覚が何とも心地良い。
そしてとにかくスーっと走ります。舗装路でもダートでも快適そのもの。衝撃をうまく吸収しつつ、路面状況もちゃんと伝えてくれるところが凄い。

またNINER号から1kgほど軽くなったので、上りもかなり楽になりました。
でもまだ8.5kgほどあるので、TIME号に比べるとかなり差があります。
これ以上軽くするとなると、やはりホイールか。ちなみにマビックからかなり良さげなモノが出てます・・。

それとブレーキもちょっと考えているところ。
現在はMTB用のディスクブレーキをアダプターを噛まして装着していますが、できればそのまま付けれるフラットマウントタイプにしたいところ。
そしてもっと言うとやはり油圧ディスクが気になります。

ま、でもそんなにガシガシ乗るバイクではないので、しばらくはこのまま乗っているつもりです。(のはず・・)

いやそれ以前に、オラの足の劣化ぶりが凄い・・。
今日の走行距離は約50km、上昇約550m、平均速度21.5km/h。

もうヘロヘロの図

ま、新しいバイクも来たことですし、もうちょっと乗っていきますか。。。

カテゴリー: ロードバイク関連 | コメントする

壱岐にて

小さな桟橋で船を待つ奥方の図。

辰ノ島の桟橋

気温は少し低めですが、風もなく穏やかに陽が降り注ぐ気持ちの良い天候。もうココでお昼寝でもしたいくらいです。

ちなみにココは長崎の壱岐から更に小船に乗って渡った先にある『辰ノ島』てトコ。
一周歩いても1時間程度で済む小さな無人島です。

とにかく海と白い砂浜がキレイで、ちょっとした丘に上がるといきなり断崖絶壁が現れたり、ふと戦時中の防空壕があったりと、バラエティに富んだ景色を楽しめる島でした。

とてもキレイな海

さて何の足あとでしょ?

周回コースからの眺め

満潮で道が途切れたので折り返し・・

この日はこの島に渡る前に、壱岐のモンサンミッシェルと称される「小島神社」にも寄ってきました。

小島神社

潮が引いたときにしか渡れません

ココも良いトコです

ま、御朱印集めをやってなかったら、まず来ることがなかったであろう場所。

しかし日本にもまだまだ知らないトコが一杯あるな~・・。

お迎えの船がやってきました

カテゴリー: 御朱印ツアー | コメントする

雨の日はYouTubeで・・

しかし雨ばっかやな。

色々と仕事が立て込んいる状況で、やっと取れる休みがなぜか雨ばっかり。
せっかくKUALIS号が納車されたというのに、未だに1mmも乗れていない。
ま、でも昔のようにレースで走る訳でもないので、天気の良い日に楽しく走れればOK。
焦る必要は全然ありません。

てことで、大してやることもないので、最近の休日はポーっとYouTubeを視て過ごすことが多いです。

で、そんな中でお気に入りの動画を3つほど紹介。

一つ目はクラシックオーケストラ。
演奏はロンドン交響楽団。指揮者はロシアのゲルギエフ氏。
そして曲目はラヴェル「ボレロ」です。

ボレロというと、私世代ではどうしてもあのホンダプレリュードのCMを思い出してしまいます。

とにかく前半のソロパート回しの緊張感が堪りません。カメラワークも見事。
何よりゲルギエフ大佐の表情とまるで爪楊枝のような小っちゃい指揮棒が笑えます。

ちなみにこの動画を聞きながら仕事へと駅まで歩いて行くと、「さ、今日も頑張るべか!」とかなりテンション上がります。笑

次の動画はピアノ。
演奏者は日本人の辻井伸行さん。
そして曲目はリスト「ラ・カンパネラ」です。

全盲のピアニストである辻井さんが、音楽の都ウイーンで演奏されたラ・カンパネラ。
この人の演奏は、とにかく音の透明感がハンパありません。
ここまで来るのにどれだけの努力を重ねてきたことか。

ちなみに仕事でちょっと嫌なことがあった時なんかにこの動画を見ると「オラはまだまだだな」と心を落ち着かせてくれます。

最後はパレード。
所さんの番組「笑ってこらえて」で有名になった京都橘高校吹奏楽部がアメリカでパレードをしたときの動画です。

とにかく楽しそうな雰囲気が満載。
行進してる方も見てる方も笑顔に溢れてます。
たぶん高校の3年間はただただ練習に明け暮れた毎日だっただろうと思いますが、その成果でこうして仲間と共に全世界の人たちを笑顔にできることが素晴らしい。
それにしてもこんなマーチングパレードを9kmも行うスタミナが凄すぎる。

ちなみに仕事が忙し過ぎて少々辛いときにこの動画を見ると「オレもまだ誰かを幸せにできるかも」とまた前向きになれます。笑

我が家の2台の軽自動車

ちなみに今日は奥方が電車で仕事に行く日なので、家に新N-BOX号が鎮座してくれてます。
この車も納車からかなり日が経ってますが、普段は奥方が仕事に使っているので、オラはほとんど乗ったことがありません。

さ、今日はこれに乗ってどっか遊びに行こうっと・・。^^

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

KUALIS Ti Disk Road 納車されました

それにしても渋い。
ていうかパッと見にはかなり地味な印象。

しかし、まさに自分がイメージした通りの出来栄えです。

KUALIS Ti DISK ROAD

オーダーフレームということで、色々と拘りを持って注文したところが見事に実現されているところが嬉しい。

何より全体のスタイルが良い。
私は身長167cm程度なので、フレームサイズが小さくホイールとのバランスが悪くなる傾向があるのですが、とても上手くまとまってます。

トップチューブのスローピング角度、そしてシートポストの突き出し具合、サドルとハンドルの落差加減もちょうど良い感じ。
シートポストの『THOMSON』ロゴがキレイに見えるように、でもあまりスローピングはキツくならないように、そしてステムは100mmを使いたい・・などと勝手な注文をしてたのですが、全てキチンと叶えられています。
ま、ハンドル高はもう少し下げたいところですが、昔のように乗れてないので、これ以上下げると身体が辛くなります。

KUALISのロゴプレート付き

THOMSONロゴがキレイに見えるように

微妙な光加減で浮かび上がるKUALISロゴ

そして何と言ってもチタンフレームの質感が素晴らしい。
チタン独特の鈍い輝きは、光の加減で微妙に表情を変えてくれます。
まるで工芸品のような仕上がり。溶接部の緻密で丁寧な仕事ぶり、ブラッシュド仕上げの控えめなロゴもよく合っています。
いやしかしホント、ずっと見ていても飽きません。(酒が呑めます)

コンポやホイールはNiner号から移設。
ちなみにホイールのFULCRUMシールはすべて剥がしちゃいました。
ドライヤーで温めながら少しずつ何日もかけての作業。想像以上に大変でしたが、やって正解だった(はずだ)…と思います。

さ、今週末はこれで走れるかな?

フレーム: KUALIS Ti DISK ROAD
フォーク: PARLEE
コンポ: SRAM Rival1 (F42T R11-38T)
ホイール: FULCRUM Racing5 DB
タイヤ: PANARACER GRAVELKING 28C
ハンドル: THOMSON CARBON ROAD Bar
ステム: THOMSON X2 31.8 100mm 10°
シートポスト:THOMSON Masterpiece
サドル: fi’zi:k ALIONE 00
ペダル: CrankBrothers Candy1

カテゴリー: ロードバイク関連 | 2件のコメント

ホンダ N-BOX 契約

我が家のアクセラ号は昨年9月の台風で全身キズだらけの被害を受けたものの、入庫車殺到のため未だに修理できない状況が続いていたのですが、よくよく考えると修理などせずに保険金だけ受け取って乗り換えた方が得ではないかと気付き(遅いわ)、サクッと新車を契約してしまいました。

買って丸5年になるアクセラ号は素晴らしく出来の良い車ですが、奥方にはそのサイズが大きく(実は車幅が1800mm近くもあるんです)感じているようで、ずっと「次は軽自動車がイイ」と熱望しておりました。
ちなみに以前買ったワゴンR号は、現在長男坊が鈴鹿で通学用に乗っています。
ま、主に奥さんが通勤に使用する車ですし、もう子供も家にいないのでそんなに大きな車は必要ありません。

で、数ある軽自動車の中から選んだのは日本一売れているというホンダのN-BOX。
グレードはノーマルバージョンのG・EX。ターボなしのスーパースライドシート仕様です。

HONDA N-BOX

安全機能満載のホンダセンシング

車両本体が約160万円で、純正ナビを付けて諸経費と値引きを入れて税込み180万円超と、以前買ったワゴンR号に比べるとビックリするくらい高くなってしまいましたが、そのワゴンR号とは比べものにならないほどの基本性能の高さ、そしてホンダセンシング(何と自動運転機能も付いてます)やカーテンエアバッグなどの最新の安全機能を考えるとやはり納得せざるを得ません。

ちなみに最初は奥方にスズキの新型ジムニーも推していたのですが、2ドアであることとカタログ燃費の低さ(ジムニー:13.2km/l、N-BOX:27.0km/l)を見て、「あの小っちゃい車(S660号)を売って自分で買いなさい」と一蹴されてしまいました。
ま、確かにあのN-BOXの恐ろしいほどの実用性と経済性の高さを見ると、いかにジムニーが魅力溢れる車だと分かっていても、この奥方を説得する術は私には思い付きませんでした。(走破性?ナニソレ?)

それにしてもこのN-BOXという車は凄い。
ステータスとか趣味性などは抜きにして、ただただ実用性とコストパフォーマンスを突き詰めて車を選ぶと、最終的にはトールワゴン系の軽自動車になるように思いますが、その中でもこのN-BOXは確実にワンランク上の乗り味でした。
車内はそこらの普通車よりもはるかに広くて明るく、意外に静かで乗り心地もソフト。シートの出来も驚くほど良い。何より運転していてホンワカと楽しい。
まるでニトリの家具やユニクロの服のよう。必要十分。高い車に乗るのがバカらしくなる。

それといつか雪の中の星空を撮ってみたいと思っていましたが、このN-BOXならスタッドレスタイヤがホイール込みで3~4万円で買えます。
それにちょっとしたアイテムを足すだけで、奥方と二人で車中泊旅をすることも十分可能です。
ただし中にロードバイクを積んで遠征するには1人&1台が限界なので、また屋根にキャリアを装着するかどうかはただいま検討中。

ちなみにホンダセンシングはシカの飛び出しにも対応されてるそうです。

納車は2月中旬ごろの予定。
いやいやしかしこれで我が家は3台の車すべてが軽自動車になってしまったがな。笑

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

KUALIS Disk Road

もうロードバイクなんて買うことないと思ってたのに・・。

KUALIS Disk Road

KUALIS Disk Road

待つこと約8か月。
ついにビルダーさんより「出来上がりました」との連絡が入りました。

先行して写真だけ入手。

美しすぎる。。。

カテゴリー: ロードバイク関連 | 2件のコメント

全国一宮御朱印帳

一の宮とは、平安時代から鎌倉時代に各諸國で最も由緒深く信仰が篤いと認められた神社で、例えば大阪の和泉の国は堺の大鳥大社、河内の国は東大阪の枚岡神社となっています。
ただ別に当時の朝廷とか指定したものではないので、摂津の国の住吉大社と坐摩神社のように2つの一の宮があるケースもあります。ちなみにその下には、二の宮や三の宮というもあるようです。

で、その一の宮の神社に特化したご朱印帳がコレ。

全国一宮御朱印帳

こんな感じに御朱印をいただきます

一般的なご朱印帳よりも一回り大きく、各ページにご朱印をいただくべき神社名が記載されています。
北は北海道から南は沖縄まで全国で106カ所。
島根の出雲大社などの有名どころもあれば、正直「何でココが?」と思うようなひっそりとしたトコもあります。

そんなところを奥さんと二人で参ったり、S660号でソロキャンプをしながら参ったり、気の合った友人たちと参ったり。

志摩国 伊射波神社

出雲国 出雲大社

で、つい先日もこのご朱印帳を持って、敦賀若狭あたりから宮津方面へと遠征してまいりました。

LINEグループ名で「一宮に逝き隊」と名付けられた総勢6名の部隊。
ま、数年前までロードバイクで爆走していたメンバーやその奥方など。
行く先々の地元グルメを楽しみながら、ワゴン車に乗ってワイワイと行くこんなツアーもかなり楽しい。
ちなみにこの日の総走行距離は400km超。
でも以前と違ってペダルを漕ぐ必要もなく楽々です。笑

いやいやそれにしてもこんなメンバーでこんなツアーに行く日来るなんて・・。

若狭国 若狭姫神社にて

小浜で海鮮丼!

御朱印をいただけた神社にシールを貼ったりして・・

この夏から始めて、106カ所のうちすでに40カ所以上参ってきちゃいました。

残っているのは、もう遠方の一の宮ばかり。
難関どころは、壱岐対馬や隠岐の島、そして佐渡島などの離島関係。

いやそれらより遥かにハードルが高いのは、何と言っても雄山神社でしょう。

越中国 雄山神社 峰本社

何とあの立山の室堂から片道2時間以上登った雄山山頂(標高3000m!)にある神社です。
夏の7月から9月の間だけそこに宮司さんが在中してご朱印をいただけるとのこと。
ていうか、標高も高く、結構なガレ場を延々と登りますので、かなりしっかりした登山装備が必要となります。
何でこんなトコに一の宮があるのかは、オラには皆目見当がつきませんが、数ある一の宮の中で最も絶景を望める神社であることは違いありません。

さて来夏には行けるかな?

カテゴリー: 御朱印ツアー | 2件のコメント