Kualis Ti Disk Road 完成

究極のグラベルロードとして自分なりに目指してきたモノが完成しました。

Kualis Ti Disk Road Custum Version

コンポはシマノGRX Di2

フロントは48×31Tのダブル仕様

油圧式ディスクブレーキ

とても握り心地の良いSTIレバー

インジェクションはこの位置

ケーブル&バッテリーは内装式

全体の重量は実測で8.2kgと、以前よりかなり軽くなった。

で、まずは近くまで初乗り。

久々のDi2でしたが、「こんなに良かったっけ?」と思うほど気持ち良く変速できる。
そして何より油圧式ディスクブレーキが最高。軽いタッチでダイレクトな効き。ワイヤー式ディスクとは雲梯の差である。
それとこのSTIレバーが良い。細身ですがしっかりとした握り心地。手が小さいオラでもとても操作しやすい。
ちなみにDi2にはワイヤレスユニット(EW-WU111)を付けてもらったので、スマホで色々と設定したり、STIレバーの隠しボタン(何それ?)を使えたり、何とGarminにギア表示させることもできるらしい。

フロントギアは以前はシングルでしたが、結局ダブルに戻った。
シングルのすっきりした見た目は好きなのだが、やはり下りでも踏めるのとギア差が小さく細かな変速ができるダブルの方を選んだ。

コンポの入替えだけの予定でしたが、なぜかホイールも入れ替え。
EASTONの「EA90 SL DISC」。グラベル&シクロ用の軽量ホイール。以前のフルクラムレーシング5よりもかなり軽くなった感がある。
チューブレスレディ仕様なのだが、結局チューブを入れることにした。
シーラントを入れてチューブレスにすることも検討したが、やはりパンクのことを考えるとどうしても二の足を踏む。

タイヤはパナレーサーのグラベルキングSK。
これもスリックするか迷ったが、一度乾いたダートで滑って転んだ経験からまたイボイボ付きにしてしまった。
しかし舗装路はやはりスリックの方が圧倒的に走りやすい。
走りながら「う~ん、普段はスリックにしようかな・・」と考えてると、何とT師匠と対向。で、その後捕獲・・。

初乗りでいきなりT師匠と遭遇

ちなみにT師匠もKualisのチタンバイク乗りである。
ていうか、T師匠のバイクを見て、オラもKualis乗りになってしまった。

ちなみにT師匠のバイクも、しばらく見ぬ間に色々バージョンアップされていた。
(カンパレコードの12速って・・何?)

さ、あとはバーテープを巻けば完成である。(さて、何色にすべきか?)

カテゴリー: ロードバイク関連 | コメントする

Kualis工房にて

和歌山のフレームビルダー「KUALIS  CYCLES」の工房にて。

おもむろにドリルで穴を開ける西川さん

ココにも穴を開けます

最後にココも

フロントからはココを通す感じに

リアエンドにも穴を開けて

ここにも開けて

ものの15分ほどで作業は終了。
ついでにちょっとキズが付いたところがあったので、磨いてキレイにしていただきました。
ちなみに裸フレーム状態での持ち込みであれば費用はFreeとのこと。(マジか?)

さて、楽しみです。

カテゴリー: ロードバイク関連 | コメントする

期間限定S660号通勤中

感染予防とういことで、4月から全社で車通勤を実施中。

帰りはやっぱりオープンで

朝は車だとかなり余裕をもって出ないといけないので、自宅は6時半発になる。

電車だといつも7時15分に家を出ている。
電車の方がかなり早いし楽である。本も読めるし。

ま、でもこうしてオープンにして帰宅する時間はとても楽しい。

1月の予算作りから始まって、3月にかけて中期経営計画、資金計画と続き、4月に本決算。とやっている中のまさかのコロナ騒ぎである。

ホントに忙しかった。
でももう来月の総会に向かって一段落て感じ。

シマノ GRX

さ、ではそろそろ遊ぶことを考えなければ・・。

カテゴリー: S660関連, ロードバイク関連 | コメントする

グラベルロードでお散歩

休日の朝。
自宅を6時に出発。

誰にも会わず、どこにも寄らず、気が向いた時に写真を撮るだけ。

お気に入りの木のトンネルにて・・

こんなところに3ローター搭載マシンが・・

これは何てお花でしょ?

ほんにエエお天気です・・

走行距離は50kmほど。アベ20km/hほど。時間は3時間ほど。

自宅に帰ってからは、自転車洗って、バイク洗って、車を洗って・・。
カメラのメンテをして、パソコンの整理をして、焼きそば作って、鳥酢豚を作って・・。
意外に充実した休日であった。。。

しかしこんな状態がいつまで続くのか。
ホントにエライことになったなと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

カテゴリー: ロードバイク関連 | 4件のコメント

クロスカブ110 スプロケット16T→15Tに変更しました

純正の14Tから16Tにしてしばらく走ってましたが、走れば走るほどしっくりいかず、ついに15Tに変更しました。

丹波の加古川沿いの桜並木

何がいけないのかと言うと、大きくは以下の2点。
1. 4速60km/h走行時のパワーが貧弱で少しの坂や向かい風で3速が必要になってしまう
2. 山での2速パワーが貧弱で急坂(10%以上)では1速が必要になってしまう

で、15Tに変更して2回ほどロングツーリングに出ましたが、これが一番バランスが良いように感じます。
平地はほぼ4速のまま淡々と走れますし、山では2速か3速で走れるようになりました。
ただ細い林道を20~30km/hで走るのは、純正の14Tの方が気持ち良かったように思いますが、その分60km/h走行時の振動が大きい。
ま、どちらに主点を置くかの問題で、新型CT125のように125ccならたぶん純正のままでもいけるのでしょう。

ちなみにCT125は相当な人気らしく、今注文しても納車は秋以降になるらしい。
125ccエンジンにディスクブレーキ、その他諸々の専用装備を考えると価格的にも十分納得できます。
ただCT125はアップマフラーが装備されているのでサイドバッグが付けられないのが痛い。

サイドバッグサポートを装着しました

これでいよいよクロスカブ号でソロキャンプに行けそうな感じ。

それにしても新型コロナ騒動はいつまで続くのだろうか?

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

クロスカブ110 スプロケット14T→16Tに変更して1日で365kmほど走ってみました

クロスカブ号のフロントスプロケットを14Tから16Tに交換してみました。

使用したスプロケットは下記の16T。
キタコ(KITACO) ドライブスプロケット(16T/428サイズ) モンキー125 グロム(GROM) フロント 530-1444016

ネット情報では自分で交換されている方も多かったのですが、ロードバイクでは駆動系やブレーキなど命に係わる部分の取付や調整は基本プロにお任せするのがオラの信条ですので、今回もヤマモトオート和泉さんに上記部材を持ち込んで交換してもらいました。
作業時間は15分ほど。工賃は2,650円(税込)。部材費が1,700円でしたので計4,350円なり。
ちなみに16Tに交換した際に干渉するというチェーンガイドプレートはとりあえず外してもらいました。

で、早速昨日、サクっと日帰り遠征へと行ってまいりました。

大又川(熊野)沿いの林道にて

うん、かなり走りやすくなりました。
これまで60km/h以上になると必死感が漂っていたエンジンがかなり穏やかになりました。
タコメーターがないのでよく分かりませんが、感覚的には1000rpmくらい落ちている感じ。

特に田舎道を60~70km/hで巡航するのが楽になった。
ただしちょっとした上りでもすぐに速度が落ちます。ま、でも3速に落とせば良いだけ。3速でも60km/h程度で十分に走れます。
街中を走る際にには、これまでよりも3速を使うことが多くなりました。3速の守備範囲がかなり広くなって、4速はオーバードライブ的な立ち位置となった感じ。
林道などの細い道では、これまでよりも2速の登場シーンが増えました。
また一時停止時には、かなりスムーズに1速に落とせるようになりました。
ただ以前走った才ノ神峠のようにかなり勾配のキツい道(たぶん20%近い)でもこの1速で走りきれるものなのかは、一度検証が必要なのかもしれません。

銚子川沿いの河津桜が満開でした

三瀬谷近くより宮川を望む

この日は奈良の下北山から三重の尾鷲へと抜けて、尾鷲から県道603号を走ろうと目論んでましたが、何と今年の1月から工事でまた完全通行止めとなってました。(残念・・)
てことで、そこから大台町の三瀬谷へ向かい、湯谷峠経由で帰阪しよう思ったらここも工事通行止め。(マジか・・)
てことで、結局相津峠を越えてかなり大回りして帰ってきました。

この日の走行距離は何と365km。給油は計3回。
ちなみに燃費の方は16Tに交換してもそれほど変化はない感じ。だいたい60km/L前後を維持してます。
単純に計算すると、この日のガソリン消費は約6Lですので、リッター140円として、365km走って何と計840円なり。

スゲーなクロスカブ号。。。

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

カテゴリー: バイク関連 | コメントする

ハラミちゃん@YouTube

ストリートピアニストのハラミちゃん
実は最近かなりハマってます。

何だろう。
この方のピアノには引き付けられるものがあると思う。

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

札幌で氷上ワカサギ釣りに挑戦してみた

新型コロナウイルス関連のニュースが飛び交う中、行こうか止めようか一瞬悩みましたが、行っちゃいました、奥方と二人で北海道へ・・。

これまで何度もピーチ航空に搭乗していますが、こんなにガラガラなのは初めて。
とにかくアジア圏の外国人がかなり減っている感じ。

午前9時過ぎに新千歳空港に到着。
ちなみに今回はレンタカーは使わず、すべて電車&バスでの移動。
1日目は北海道神宮で一宮の御朱印をいただいてから、近くの藻岩山へと足を延ばしました。

まずは北海道神宮へ

御朱印をゲット

ロープウェイで藻岩山へ

ハハハ、何も見えん・・

お!見えてきたぞ!

おおお!スッゲー!!

藻岩山ヤマスタをゲット

路面電車でホテルへ

で、2日目はお楽しみのワカサギ釣りへ。

参加したのは「とれた小屋ふじい農場」の「【札幌市内・茨戸川開催/約3.5時間】氷上ワカサギ釣り|\たびらい限定/『札幌市内』でワカサギ釣り♪当日予約OK♪あげいも試食付♪ストーブ付き釣り小屋&防寒ウェア無料レンタル&ウォシュレットお手洗い完備♪札幌駅無料送迎あり」というプラン。

札幌駅前のコンビニ前に9時前に集合し、専用バスで札幌郊外の茨戸川という三日月湖まで連れて行ってくれます。

茨戸川に到着

ビニールハウス小屋へ

こんな感じに釣りを楽しみます

奥様、ワカサギちゃんゲット

とっても美味しくいただけました

これはなかなか楽しかった。ガイドさんが向かいに座って、釣り方をレクチャーしながら、随時エサの付け替えまでフルサポートしてくれる。コッチは釣ることだけに集中できるところが素晴らしい。
午前コースで正味の釣り時間は1時間ちょい程度。水深は2m程度。おもりを底まで下してクイクイと餌を動かし、しばらく動きを止めてアタリを待つ感じ。
最初はアタリの感覚が判らずなかなか釣れなかったが、後半になって5匹程度一気に釣れた。
ワカサギは群れで移動しているらしく、一人が釣れると小屋の他の面々も一気にアタリが出だす。若い子も多くて小屋の中が異常に盛り上がる。おっちゃんもつい雄たけびを上げてしまう。とても楽しい。

茨戸川には、車でマイテントを持って来て、入場料のみでワカサギ釣りを楽しんでいる地元の人たちもたくさんいらっしゃいました。
調べると関西でもワカサギ釣りを楽しめるポイントが結構ある。

関西ワカサギマップ

うーん、これはホントに楽しかったな~。。。

カテゴリー: 御朱印ツアー | コメントする

バイクかロードバイクか

建国記念の日は朝からフリーでしたので、朝からまずクロスカブ号で和歌山の紀ノ川河川敷へ。

南海電鉄の期間限定車両「HYDEサザン」号とクロスカブ号を撮ろうとしたものの、何とHYDE仕様は和歌山向きの前半分だけで、大阪方向は普通のサザン号だったという痛恨のミス…。

紀ノ川の河川敷にて

ま、また次来れば良い。次回は反対側の河川敷にしよう。と、お昼前に一旦帰宅。

で、気温も上がってきたので、久々にグラベルロードで近所の散策へ。

松尾川沿いのダート道

父鬼から牛滝へ抜ける細道にて

パンクしました・・

やはりクロスカブ号と比べると圧倒的にスピードが遅い。
特に上り。いや足の劣化の問題も大いにある。地面が止まって見えます。(^^)
その代わり遠くの小鳥のさえずりや梅の花のほのかな香りまでも感じることができる。
バイクの場合は、速度が速くフルフェイスヘルメットを装着した上にエンジン音もあるので、なかなかそこまで感じることができない。S660号でオープンにした時の方がまだマシである。

ただしロードバイクの場合、交通量の多い車道が非常に走りにくい。
右脇を車や時には大きなトラックが次々に通り抜ける恐怖は半端ない。
特に片側一車線で路肩が狭い道が最悪。
そんな道はできるだけ避けて走るようにしてますが、だいたい日本の車道はロードバイクが走るようには設計されていない。

大抵は歩道と車道との境目にある白線付近を走ります。あまり歩道側に寄るとゴミや砂、落葉などが多くて危ないし、車道側に膨らむと車に接触しそうになる。基本は境目50cmくらいをトレースする感じ。
しっかりした歩道のある交通量の多い片側一車線道路となると、その幅は更に狭まり、幅10cmくらいしか使えないような道路もある。そしてそこに縦溝の排水口が現れたりすると、もはや曲芸となる。

その点バイクはとっても楽だ。
原付二種でも車の流れに乗りながら堂々と車道の真ん中を走れる。
車道なら最低3mくらいの道路幅がある。50cmとは全然違う。

日高川(和歌山)の畔にて

かつらぎ町(和歌山)の山奥にて

ちなみに転倒した際のダメージは、速度が同じなら圧倒的にロードバイクの方が大きい。
自転車の場合、保護具と言えば小さなヘルメットと小さなグローブくらいなので、低スピードでも転倒するとかなりのダメージを負う。そして結構簡単に骨折する。ロードバイクで鎖骨などを折った方は数えきれないくらい知っている。

その点バイクは保護具が充実しています。
ちなみにオラがクロスカブ号に乗る際には、フルフェイスヘルメットと胸部、肩、肘、膝のプロテクター入りのウェア、そしてエアバッグプロテクター「hit-air」まで装着してます。
たぶん転倒しても路面を転がる程度であれば、ほぼ無傷で済むケースも多いでしょう。
ま、その分、風を全身で受ける感覚はロードバイクに比べると乏しい。

季節で考えると、真夏はメッシュジャケットが着れて速度の高いバイクの方がかなりマシ。ロードバイクは暑すぎる。下手すると熱中症になってしまう。
逆に真冬は身体を動かすロードバイクの方がかなりマシ。冬用ウェアを着てペダルを回せば自然と身体は暖まります。山から下るときだけウインドブレーカーが必要なくらい。
バイクはひたすら寒さに耐える感じ。電熱ウェアや電熱グローブなどもありますが、費用がかかるし電源コードやモバイル電源だらけになってしまいます。

健康面では圧倒的にロードバイクでしょう。
一日に何時間も有酸素運動ができるという面ではダイエット効果抜群です。
自転車に乗ると足が太くなるのでは?と懸念される方も多いのですが、そんなのは競輪選手など特殊なトレーニングをした方だけ。ほとんどの方は痩身なマラソン型になります。
その点バイクは、やや不健康的なイメージが漂います。かなりぽっちゃり体型のライダーも多いですし、喫煙率も高めです。

また世間一般的にもライダーというのはややアウトローな印象を抱かれます。
ま、車に乗っていても、隙間を縫うように走ったり、無理な追い越しをするライダーというのをよく見かけます。
またロードバイクでも酷い走りをされる方は結構多い。
大阪の街中では信号無視なんて日常茶飯事ですし、車道を横に並んで走ったり、20台くらい連なって走るグループも見かけたりします。(どないして抜けっちゅうねん…)

蕎原(大阪貝塚)の田舎道にて

ま、とにかくどちらも安全に楽しみたい。

バイクとロードバイク、共通するのは二輪車というところ。
あとは自分で漕いで走るか、エンジンで走るか。

ちなみにオラがロードバイクで一番心地良いと思う瞬間は、細い山道を緩く上っている時です。そしてクロスカブ号で林道をトトト…と、ゆっくり走ってる瞬間も同じような心地良さを感じます。

さ、次の休日はどっちを楽しむか・・。

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

カテゴリー: バイク関連, ロードバイク関連 | コメントする

クロスカブ110 ロータリー式シフトでもっとスムーズに走りたい

クロスカブの変速はロータリー式で、一般的なバイクのリターン式とは操作方法がかなり違います。

そもそもクラッチレバーがなくて遠心クラッチという機構となっており、左足でシフトペダルを踏んだ際に同時にクラッチが切れて、ペダルが上がった際にクラッチが繋がります。
そして前後あるペダルの前側を踏むとシフトアップし、後側を踏むとシフトダウンします。
シフトアップは、N→1→2→3→4と最終4速まで上がり、停止時(後タイヤが止まった時)のみ4速から更に踏むとニュートラル(4→N)に入ります。走行中は4速からいくら踏んでも4速のままです。(クラッチが切れるだけ)

クロスカブ号のクラッチペダル

シフトパターンの解説図

なので信号などで停止する際には、だいたい4速のまま停止して、止まってから前ペダルを2回踏み込んでN→1とすることが多いです。
ちなみにすぐに1速に入れる理由は、ニュートラルのまましばらく置くと1速に入れた際のショックがかなり大きいため。
以前、大型バイクに乗ってた頃は、このカツンというショックがオラの隠れ萌えポイントだったりしたのですが、このクロスカブのショックはまるでエンストしたかの如く大きくあまり心地良くないので、すぐに1速に入れてます。(なぜかすぐに入れるとショックがない)

問題は、停止するかしないかというシチュエーションで、信号が青になって発進しなければならなくなった時。慌てて後ペダルを2回ほど踏んで2速に入れて発進するのだが、コレをショックなしにやるのが結構難しい。ペダルを踏んだままにややアクセルを煽り気味にペダルからペダルを上げてクラッチを繋ぐ…、という感じ。

もっと難しいのは一時停止。ま、信号停止と同じく停止してから4速→N→1速としても良いのだが、どうもタイミングがズレる。もう少し早く発進したい。てことで、ブレーキをかけながら4速→3速→2速→1速と次々にシフトダウンして減速することに…。
特に1速が難しい。かなりスピードを落とさないとショックが大きいので、止まる寸前に落とす感じ。ま、2速までにして、止まってから1速に落としても良いのですが、その場合は前ブレーキだけで止まることになって右足着地となってしまう。

そう、停止する際に左足を出すか右足を出すかも悩ましいところである。
普通のバイクなら間違いなく左足である。右足で後ブレーキも使った方が低速域でも安定して止まれますし、クラッチがあるので停止前に簡単にギアを落とせます。
しかしカブの場合、左足で着地すると、停止してからシフトチェンジ操作をするには右足に着き変えないといけなくなる。

右足着地ならソコは非常に楽なのだが、最後に前ブレーキだけになって後ブレーキが使えないし、そもそも右足着地に慣れていないので安定性に少々欠ける。そして停止後に前ブレーキを離したい時や上り坂ではまた足を入れ替えなければならない。特にクロスカブの場合は、意外に足つきが悪いので、この足の入れ替えが結構大変なのである。

要するに、不安定ながらも右足着地にするか、左足着地で停止後に足を入れ替えるか、もしくは停止前にシフトダウンしながら左足着地するかの選択である。

とりあえず今のところは、右足着地で前ブレーキだけで止まって、停止後にそのまま1速に変速することが多いです。やっぱりコレが一番楽なので。
ただこの止まり方に慣れてしまうと普通のバイクに乗った時に戸惑ってしまうのではと思うので、気が向いた時には左足で止まって停止後に足を入れ替えてます。そして更に気が向いたら停止前にシフトダウンしてます。
ま、でも先日HMSでCB400SFに乗った時には割とすぐに慣れてきたので、それほど気にせずに右足着地でイイのかもしれません。

ちなみに渋滞などで超低速走行をする時は、1速では非常にギクシャクするので、3速くらいでリヤブレーキを使う方がユルユルと走りやすい。最初は2速でチェンジペダルを半クラ代わりに操作しようと試みてみましたが、繋げる時の感覚がシビアすぎて諦めました。(^^;

それと最初は上りでのシフトダウンがどうしてもスムーズにできなかったのですが、コレはアクセルを戻さずにそのままカツンと後ペダルを踏むだけというのが一番スムーズだということが、最近になってやっと分かった。

まあこのロータリー式シフトについて色々と述べましたが、基本的にはとても気に入ってますし、ホントによく出来た変速機だと思います。
何よりクラッチ操作がないのでエンストの心配がないところが良い。狭いダート道などでのUターンでも、軽い車体と相まって不安なくこなせます。
そしてそんな気楽さがあるのに、キレイに回転を合わせてシフトチェンジできた時の爽快感もある。もっとスムーズにかつスマートに走らせたいと思わせるものがある。何故かもっと突き詰めたくなる。

木漏れ日の中のクロスカブ号

ホントはシフトインジケーターがあると便利だなと思いますが、そこは乗りこなしていくうちに感覚だけで分かるようになりたい。
今はまだシフトダウンも思うほど確実にできない。左足のカカトで踏むという感覚が鈍い。もっとしっかり正確に踏めるようにならないとダメである。
ちなみにカカトではなく足先で後ペダルを踏む方もいらっしゃるようですが、オラの場合はカカトの方がまだマシな感じ。しかしクラッチペダルと考えると足先の方が良いのかも。練習すべきなのか?

そういえば郵便局員はよくこんなシフトであんなゴーストップばかりこなしてるな。
一体どんな乗り方してるんだろ? 右足着地なのか? 左足着地なのか? 後ペダルはカカト踏みか? 足先なのか?
今度見かけた時はじっくり観察してみよう…。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

カテゴリー: バイク関連 | コメントする