月別アーカイブ: 2017年1月

ロードバイクで林道ツーリング

先日自宅のパソコンで、オフロードバイクで林道を走る動画などをポーっと見てると、そんな林道を何と自転車で、それもマウンテンバイクではなくロードバイクで走る輩がいることを発見。(おお、マジか?)
でもその自転車をよく見ると、タイヤはかなり太めで、ブレーキがディスクになっているなど、ややMTBよりの構造になっているようである。(ん?ナニコレ?)
で、そのままWebで軽く調査してみると、どうやら「グラベルロード」というジャンルの自転車があるらしい。(知らんかった・・)

「あ、そう言えば・・・」
と、以前Facebookでこんな自転車のことを紹介していたチーム員がいたことを思い出し、早速連絡をとってみると、「じゃ、週末に軽く行きます?」と、いきなり一緒に林道ツーリングへと行くことになりました。(めっちゃ話が早い)

ロードバイクで林道ツーリング~♪

案内されたのは、いつも走る牛滝と蕎原の間にある林道。(こんな道あったのね・・)

もちろん私の自転車は23Cの細いロード用タイヤです。
ま、でもダートとはいえそれほど荒れた所はありませんでしたので特に問題なくクリア。
ていうかコレ、かなり楽しい。。。
とてもゆっくりしたスピードなのに、ハンドルが取られたり後輪がスリップしたりするので少し緊張感がある。でもゆっくりなので怖くはない。むしろ面白い。何といっても土の感覚が心地良い。そしてバイクと違って非常に静か。小鳥のさえずりも聞こえる。

とはいえ、やはりチーム員の乗る自転車の方が、かなり安定してそうな感じ。
ロードの細いフレームに太めのタイヤが妙に新鮮に見える。
またディスクブレーキでシートステーに何もないので、リヤからの見た目がスッキリ。そしてフロントシングルなので、クランク周りもスッキリ。
何よりも常に頑張って走ってしまうロードバイクに比べて、少し緩めのフワっとした空気感があるのが良い。これならまったり走っても許されそうな気がする・・。

う~ん、グラベルロードか~。。。(*‘ω‘ *)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

HONDA CRF250Rally

これイイよな〜。

HONDA CRF250RALLY

ダカールラリーで走っているワークスマシンCRF450Rallyの250ccバージョンが近々市販されるようです。

http://www.honda.co.jp/CRF250RALLY

本当にカッコいい。
てことで思わず本日近くのホンダドリーム店にS660号でコソっと行って色々と話を聞いてきてしまいました。
価格は約65万円(ABS仕様で約70万円)と250ccとしてはかなり高額。(CRF250Lは約46万円)
そしてシート高も895mmとメチャクチャ高い。ただしシート高875mmの現行CRF250Lの試乗車に跨ってみましたが、サスが沈むためか意外にいける感じ。重量も150kg程度と軽い。ちなみに何と830mmのローダウン版も出るらしい。

最近こんな250ccクラスのオフロードバイクが気になって仕方ない。
YAMAHAのSEROW250も良い。

うん、ソロキャンプはやっぱりバイクの方が合うように思います。
ま、ただの独り言なんですが。。。

スピードメーターが見えんの巻

私は普段眼鏡をかけているのですが、ロードバイクに乗る時だけはお気に入りのオークリーサングラスをかけたいので使い捨てコンタクトレンズを装着しています。

それがここ最近老眼が進んでしまい、ロードバイクに乗りながらスピードメーターも確認し辛くなってきました。
ま、速度はかなり文字を大きめに設定しているのでまだしも、距離や時間などは文字が小さいため、特にロードバイクの前傾姿勢になると近すぎて見えなくなってしまいます。
またスマホも非常に見づらいですし、デジカメで写真を撮るときも設定を変えるのに往生してしまいます。
ちなみに眼鏡は昨年遠近両用レンズに変えて非常に快適になりました。

てことで、コンタクトもついにコイツを購入することに。。。

遠近両用使い捨てコンタクトレンズ

アリオ鳳のアイシティで、いくつかのメーカーの遠近両用コンタクトレンズを試用させていただいた結果、一番自分に合っていたのがこのレンズ。
どちらかというと遠くを見ることにウェイトを置いているレンズらしいのですが、近くもちゃんと見えます。
ただし近くの見え方はやはり眼鏡の方が上です。でも遠近両用眼鏡と違ってそれほど視点を変えずに遠くも近くも見えるところがスゴイ。

ちなみにお値段は両目30枚分で8000円弱。一回当たり250円ほどとなります。
今までの普通のレンズだと100円程度でしたので、2倍以上のコスト増。
ま、でも今はせいぜい週に一回くらいしか自転車に乗ってませんので、「この快適さを考えると断然こっちだな」とういことで即断で購入しちゃいました。。。

で、せっかく奥さんと一緒にアリオ鳳まで来ましたので、ついでにこれを鑑賞。

君の名は

いやいや、これは素晴らしい映画でした。

とにかく絵が非常に緻密でキレイ。
そして星空のリアルさもスゴイ。(間違いなく天体マニアがスタッフにいます)
ただ目まぐるしく変化するストーリーにオジサンの頭がついていけないところも。(ま、でも後半は涙を堪えるのに必死でしたが・・^^;)

ちなみに館内は8割程度の入り。
もう公開からかなり日が経ちますが、まだまだ人気があるようです。

岸和田城からの星空リベンジの巻

1月7日(土)朝4時前に起床。
また撮影機材一式を持ってS660号で近くの岸和田城へ。

岸和田城からの星空 (Canon EOS6D + TAMRON SP 15-30mm F2.8)

iso400、f5.0、露出8秒で292枚撮ってコンポジット。

撮影時間は30分程度。
この日も気温は1度程度とかなり冷え込みましたが、S660号の中で家で淹れてきた暖かいコーヒーを飲みながら待つだけでしたので楽々撮影。
それよりも自宅に戻っていざ現像しようとしたら、何とSDカードが読み込み不良になっていたことの方が衝撃でした。(エっ?!何でや?!)

ま、とりあえずファイル復元ソフト(DiskDigger)を使って無事ファイルを取り出すことに成功しましたが、このソフトはフリーで使う場合はファイル1枚ごとに5秒待ってクリックしないといけないので、面倒くさいことこの上ありません。結局、復旧時間も撮影時間とほぼ同じくらいかかってしまいました。(ああ、シンド・・・^^;)

あ、ちなみに先日のしぶんぎ座流星群は、総勢7名で大鑑賞ツアーを企画しました。

しぶんぎ座流星群鑑賞ツアー (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

場所は「みさと天文台」。
天候は快晴、風もなく気温もそれほど低くなく、そして月明りもなく、観測条件としては最高。
芝生の上にマットを敷いて、そして寝袋に包まりながら寝転がっての快適な鑑賞。
んが、いかんせん肝心の流星がほとんど流れず。(な、何でや!?)

ピーク時刻の23時を挟んで2時間ほど粘りましたが、結局流れたのは10個足らず。
そのうち自分でも確認できたのは2個ほど。(しかもかなり薄めのヤツ)
で、カメラに捉えられたのは、約700枚撮影して・・・何と0個。

うん、夏のペルセウス座流星群に期待しましょう。。。笑

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

蓮ダムより星空を望む

明けましておめでとうございます。

いやいやこの年末年始はずっと好天が続いて嬉しい限りですね~。
てことで、年末30日の晩にも結局プチ遠征してしまいました。

蓮ダムからの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

蓮ダム(はちすダムと呼ぶらしい)は三重の高見峠近くの大きなダムで、実は昔ロードバイクでも走ったことのある場所です。

ダム近くは灯りが明るかったのですが、ちょっと離れたダム湖沿いには星空撮影ポイントが結構ありました。
ていうか、ココって何と無料でキャンプができるようです。
湖を望める整備された公園もあって、キャンプしながらの星空観測もできそうな感じ。
ま、さすがにこの季節には誰もいませんでしたが、暖かくなったら一度来てみようかな?

ちなみに今晩は「しぶんぎ座流星群」の極大日です。
今年は月明りもなく、そしてまたなかなかの好天が望めそうな感じ。

うん、楽しみです。。。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村