月別アーカイブ: 2018年6月

かけもちの日々

大学卒業してカーリースの営業マン。
その10年後に趣味が高じてシステムエンジニアに転身。
そこからもう20年近く結構気楽にピコピコとやってきました。

が、昨夏あたりからちょっとした社内事情で、なぜか人事総務部門と経理部門も兼任することに・・。

社員数は200名ほど。
人事総務部門は、給与賞与チェック、人事考課、人事異動、社内行事、健康診断、稟議書・契約書管理、年末調整、採用面接求人管理、障がい者雇用、外国人雇用、安全衛生、慶弔、傷病手当申請、労災申請、いやいや色んな事が起きます。
経理部門は、仕分けチェックから資金繰り管理、銀行残高管理、金庫管理、振込承認、小切手発行、手形決済、法定調書作成、各種税申告、償却資産管理、四半期毎の決算処理、押印管理と、どれも気を抜けない仕事ばかり。
その他に、事業、経営、投資の各種計画書の作成、親会社への各種報告書の作成、借入申請、役員会や株主総会関連資料の準備、議事録の作成、各種登記手続きや内部統制関係なども・・。

ま、基本的に実務はそれぞれの担当スタッフに任せてますので、全部一からやる必要はありませんが、一応すべてチェックして把握しとかないといけませんし、オラがやらないといけない仕事もかなりあります。

もちろん今までどおりシステム関係の仕事もありますので、パソコンが壊れたら最悪東京に出張してでも対処しなければなりませんし、様々なシステム案件にも対応していかなければなりません。
でもここは派遣社員が1名増員されましたので、プログラム開発はかなり楽になりました。

ま、何にしても超忙しい。
何ていうかもう常にお尻に火が付いているような感じ。
あれをしないといけない、いやこれも早くしとかないと、あ、そうだ!これもあった! エ~!このタイミングでこんなことが! てな具合の日々。
とにかく知らないことだらけで、ひたすら勉強することだらけ。
さすがに毎晩残業続きで、朝も早いし、休日出勤するし、リモートで自宅でシステム開発するなんてことも朝飯前でした。

そんなこんなでもうそろそろ一年が過ぎようとしてます。
先日株主総会が終了し、平成29年期も無事締まって、ほっと一息ついた感じ。
忙しいことに変わりありませんが、最近は少しずつ余裕も出てきました。
仕事の優先順位や割り振り、そして何がどのタイミングで起きるか分かってきて、ま、突発的な事柄への対応など、まだまだ笑えるほどバタバタすることも多いけど、皆に協力してもらいながら何とかやれるようになってきた・・ような気がします。

とある工房へ

おお、憧れのフレームが・・

このエンドの造形が堪りません

さ、そろそろまた遊ぶことをドンドン考えようかな。。。(エ?いつも?)

蓬莱山から小女郎ケ池へトレッキング

蓬莱山から小女郎ケ池までは片道30分程度。

かなり足場の悪い道ですが、見晴らしは抜群です。

小女郎ケ池への道

見晴らし抜群です

まるで天空の中を歩くよう。

最近はグラベルロードでかなりディープな林道?にも踏み入れていますが、さすがにこんな所は自転車では無理です。
ていうか、大きな石もゴロゴロしていますので、踝の高い登山靴でないとすぐ捻挫しそう。
ま、この日はトレッキングポールも持参してましたので、かなり安定して歩くことができました。

蓬莱山までに比べると、人気がなくなってとても静かです。
ふと「ピッピチュ・ピーチュー・ピリチュリチュー」と甲高く鳴く小鳥がすぐ近くの枝に止まっていました。

ホオジロを発見

後で調べるとホオジロという小鳥らしい。
見た目はスズメによく似てますが、鳴き声が全然違います。よく通る良い鳴き声です。

30分程で小女郎ケ池に到着。

小女郎ケ池

癒しの休憩スポットです

ココで「もぐもぐタイム」を取ります。

ちょうど良い感じの木陰と倒木があって、休憩するには絶好のポイント。
小鳥たちのさえずりに囲まれながら、手作りおにぎりを頬張るこのひと時・・。
うん、これは堪りませんね。^^

ちなみに、本日の行程はここまで。
後は来た道をそのまま戻るだけです。

奥方に撮ってもらいました

またゲレンデを下って行きます

またロープウェイで下って行きます

てな感じ、ちょうど12時ごろには駐車場に到着。

とても楽しいトレッキングコースでした。
高速代やガソリン代以外にも駐車場代やロープウェイ料金など、結構お金がかかってしまいましたが、そのコストに見合うだけのものはあると思います。(ま、すべて家庭経費で落ちますし・・笑)

帰りには、大津の建部大社へ寄り道。

建部大社へ

欲しかった御朱印をゲット

実は最近ふとしたきっかけで御朱印集めに目覚めてしまったのです。

まだ特にテーマを決めて集めている訳でもありませんが、こうして行く先々でお参りして御朱印をいただくというのも意外に楽しいものだなと。
ちなみに奥方も以前から興味があったようでかなり乗り気です。

写真は右から和歌山の熊野本宮、真ん中が大阪の槙尾山山頂にある施福寺、そして左端が今回いただいた建部大社の御朱印です。

で、この建部大社の御朱印、超カッコ良くないっすか?^^

もはやアートの世界です

いやいや楽しい一日でした。

さて次はどの山に登ろうか? どこでキャンプしようか? 何を撮ろうか? 何を食べようか? そしてどこで御朱印をいただくこうか?

ああ、やりたいことがドンドン増えていく~。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

琵琶湖テラスから蓬莱山へトレッキング

奥方と共に大分前から気になっていたスポットへ。

朝7時にアクセラ号で自宅を出発。
ちなみにその前にロードで軽く40km程走ってきました。
朝4時起き。
ま、仕事が超立て込んでいる今日この頃。貴重な休日は有意義に使います。

梅雨入り前の爽やかな日曜日。
湖西道路辺りでかなりの渋滞を予想してましたが、意外にもスーッと8時半頃には琵琶湖バレイ下の駐車場に到着しました。

駐車料金は2000円と高め。
ロープウェイ乗り場までのシャトルバス料金込みとのことですが、この日は乗り場近くの駐車場に止めれましたので必要なし。

とりあえず登山靴に履き替えてロープウェイ乗り場へ。
ロープウェイは9時運行開始ですが、チケット売場にはすでに結構な行列。

満員のチケット売り場

往復2,500円チケット

それでも10分程でチケットを無事ゲット。
そのままロープウェイ乗り場へ。
この日はお客さんが多いためか9時前なのにもうロープウェイは動き出してる感じです。

定員120名の巨大なロープウェイで一気に1000mを登って行きます。
奥方とロープウェイが動く前に麓から歩いて登ることも考えたのですが、調べると片道2時間半もかかるとのことであえなく断念。(もはや修行や…)

で、たった4分で山頂駅に到着。(早っ…)
まずはお目当ての琵琶湖テラスへと向かいます。

念願の琵琶湖テラスに到着♪

専用カフェスペースからの眺め

素晴らしいスポットです

想像通りの素晴らしい景色。
普通こういう展望スポットでは柵が設けられてのですが、ここは境界に1mほどの幅で水が張ってあるだけなので、視界の広がり方が全然違います。
それにしてもこのアイデアは秀逸もの。
思いついた人を本当に尊敬してしまいます。もしかするとこの方式が他でも流行るかもしれませんね。

さてこうしている間も、テラス内にはどんどん人が増えてきましたので、早々と撤収。
スキーゲレンデを闊歩して蓬莱山の山頂へと向かいます。

蓬莱山へと向かいます

途中でブランコに興じる奥方の図

結構な勾配を登り切って山頂に到着。
と、ここにも円形の展望スポットがありました。

蓬莱山山頂にある展望エリア

ここも見事な眺望です

陽射しは強烈ですが、さすがに1174mの標高だけあって、とても心地良い風が通り抜けます。(ああ、ココもエエとこや~)

さ、ここからは小女郎ケ池まで本格トレッキングの始まりです。

いざ小女郎下ケ池へ

以降、「蓬莱山から小女郎ケ池へトレッキング」編へ続きます。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

明日の子供たち

「あっ、そうだったのか?」

朝の通勤電車内。とりあえずカバンから慌ててマスクを取り出します。
えらいこっちゃ。いや、コレは全く予想してなかった。
ま、終盤の奏子ちゃんのスピーチあたりから少々ヤバかったのですが、何とか堪えて「ああ、良い物語だった」と読み終えて、その先のページを繰った瞬間に「あっ」とウルウル状態に・・。(コレはアカン・・)

明日の子供たち(有川浩)幻冬舎文庫

それにしても有川浩さんは良い。

私の大好きな作家さんの一人。
ちなみに奥さんも結構好きなようです。(特に「植物図鑑」がお気に入り)

ああ、しかし今日は良いお天気だったな。
ま、ガッツリお仕事でしたが。。。