月別アーカイブ: 2020年1月

クロスカブ 1日で289kmほど走ってみました

硬膜下血種から無事解放されたので、とりあえずクロスカブ号で日帰りソロツーリングへ。

朝方は雨が降っていましたが、予報では近畿の北の方から天候が回復するとのことでしたので、丹波にあるお気に入りのとんこつラーメン店を目指すことにします。

もちろん途中で細い林道を楽しみながら・・。

才ノ神峠あたりにて

それにしても楽しいバイクです

ツーリングバッグのカギを新調しました

ハンドルカバー装着しました

お気に入りのとんこつラーメン

メインの林道は才ノ神峠と三春峠。

三春峠は以前ロードバイクでも走ったことがある峠で、とても雰囲気が良くお気に入りの山越え道です。
才ノ神峠は初めて走りましたが、クロスカブ号でも1速でしか上れないほど後半の勾配がキツいので、ちょっとロードバイクでは厳しいですね。

ちなみに初めてハンドルカバーを装着して走りましたが、想像以上に温かくて快適。
何しろグリップヒーターとハンドルカバーのコラボが抜群。この日の気温は8度程度でしたが、夏用手袋でも十分温かい。見た目も普通のバイクなら「ちょっとダサいな」と敬遠してしまいますが、カブなら何だか全然OKて感じなのが良い。
ただし手の出し入れは非常に面倒臭い。ウインカー操作も非常にし辛いし、対向するバイクがたまにする「ヤエー」には全く反応できません。笑
ま、このあたりは慣れていくしかないでしょう。

あとロータリー式の変速操作も「もっとスムーズに操作する方法はないものなのか?」と色々考えさせらます。
一般的なリターン式なら特に気にすることなくできていたことが、カブの場合「あれ?どうすればイイんだ?」と妙に悩ませる・・。普通に信号で止まるとき。踏切で一時停止するとき。上りでシフトダウンするときなど。
ま、このあたりはまた機会があれば詳しく書こうと思います。

それにしてもこのバイクは楽しい。
こんな細い林道をコトコトと走らせるとまさに天下一品である。
ヘルメットの中で「うん、イイねー♪」と何度も独りで呟いてしまった。

こんな道をもっと楽しみたい

さて次はどこに行こうか?

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

慢性硬膜下血種 再検査結果

先日、病院で再度CT検査を実施した結果、順調に血腫が萎んでいるとの診断が下り、「今後は頭痛が酷いとか何か気になることがあればすぐに来てください」と言われて無事解放されました。

右が1ヵ月前、左が最新版

プールで思いっきり頭を振ったのが昨年10月のこと。
で、いきなり慢性硬膜化血腫と診断されたのが12月初めのことで。それから2ヶ月近くかかってやっとの無罪放免。とにかく手術せずに済んで何より。

それにしてもエライ目に遭った。
ま、とりあえずプールには当分行くことはないでしょう。(^^;;

さ、今週末は何して遊ぶか?

ん?

なんじゃこの天気予報は?

梅雨入りか?

ホンダN-BOX納車1年後レビュー

自転車にもバイクにも乗れずヒマなので、奥方とN-BOX号とS660号のオイル交換を近くのイエローハットまで行ってやってもらいました。

ホンダ N-BOX G EX スーパースライドシート仕様

オイルは店頭でセール品のMobil Super SN 5W-30 K-Concept」をチョイス。工賃込みで3,278円なり。
N-BOX号は昨年2月に納車されてから初めてのオイル交換ですので、エレメント交換も依頼しときます。

現在の走行距離は13000kmほど。
結構走りました。普段は奥方が通勤に使っているのですが、それよりも御朱印関係での遠出が増えた影響が大きいでしょう。
メーカーの指定では1km経過時とのことですので、少々オーバーしてますが特に問題なし。
オラの若かりし頃は納車1ヶ月後に交換して鉄粉を取って、以降は3000km毎に交換することが普通でしたが、時代は変わったもんである。ちなみにS660号もメーカー指定通り5000km毎に交換してます。

30分程で2台とも作業完了。
ヒマなので、S660号を自宅に置いて、N-BOX号で奥方と一緒に大阪市内までエビフリャーを食べに行きます。

堺筋本町「AB-kitchen」へ

特大エビフリャー超旨し。

さてこのN-BOX号、いつも乗る度に思うのですが、ホントによく出来た車です。
コンパクトで視界良くて運転しやすく、車内はビックリするほど広くて明るく静かで、柔らかめの乗り心地とシートの出来も良いので車内での居心地は抜群。
乗り降りしやすく、荷物もたくさん積めて、とにかく使い勝手が良い。(S660号とは雲泥の差である・・笑)

明るい室内

広い後席

スーパースライドシート仕様です

後席が更に広くなります

日よけ付き

ティッシュ箱入れ標準装備

ちなみにスライドドアは左側だけ電動オートで右側は手動なのですが、コレが意外に重宝している。
オートは運転席からも操作できてとても便利なのだが、全開&全閉するまで結構時間がかかる。
なのでスーパーなどで荷物を後席に入れる際は、右側の手動スライドドアをさっと開けて入れれるのがとても良い感じである。そして適当に閉めてもイージーオートクローザーで確実に閉まるのも嬉しい。

走りの方はターボなしモデルですので決して余裕がある訳ではありませんが、普通に流れに乗って走るには必要十分。高速道路でも安定して走れます。
高い車高と柔らかいサスペンションの割には、山道でも結構良いペースで走れますが、そんな走りはこのクルマには似合いません。もっとのんびりニコニコと走るのが心地良い。

ちなみに我が家のN-BOXには、パワステ、パワーウィンドウ、オートエアコンはもちろん、LEDのオートライトやオートワイパー、そして自動衝突回避システム「ホンダセンシング」や前車追従型のクルーズコントロールまで装備されてます。
その上、オプションでナビと前後ドライブレコーダーまで装着してます。
いやもう、まさに「コレ以上何がいる?」である。

不満点はあまりありませんが、強いてあげるとガソリンタンク容量が27Lとやや小さめなこと。あと10Lあれば安心なのですが、あのフラットで低い床を実現させるためというなら仕方ないところ。
ちなみに燃費はだいたい18km/L程度で、長距離なら20km/Lを超えてくれます。
そんなに驚くほど良いこともないですが、まあ許容範囲です。

それとオートマにDモードとLモードしかないこと。
山道の下りなどでエンジンブレーキを効かせたい時に、Lモードでは効きすぎる場面が結構多いので、間にもう一つ欲しい。
ま、昔よりもブレーキ性能は格段にアップしているので、フェードしたりする心配は無用なのかもしれませんが、下りでブレーキを多用するのはできれば避けたい・・。
ま、でもコレも信頼してブレーキを踏めば良いだけではある。

でもどちらも車の出来に比べれば、どうってことはないレベル。
奥方もとても気に入って乗ってますし、裏の実家のお母様も「あの車はイイわー」と絶賛してますので、アクセラ号からこの車に乗り換えて正解だったと思います。

丸目のポジションランプがちょっとかわいい

さて硬膜化血腫の方は明日病院で再検査予定です。
ここで順調に血腫が小さくなっていれば、運動もバイクも晴れて解禁のはず。

さ、来週末は何して遊ぼうかな。

冬の東北1000km御朱印旅

年末は奥様と共に東北へと御朱印ツアーに行ってました。

お気に入りのピーチビジョンでまずは仙台へ。
この日はお天気が良かったので、窓からの景色を撮りまくり。

明石海峡大橋

富士山

中禅寺湖と男体山

安達太良山と沼ノ平

ちなみに最後の安達太良山は、「何この山?」と全然判らずに撮って、自宅に帰ってから調べまくってやっと判った山です。

安達太良山 | 山ガールのための山歩きガイド

うん、とても良いコース。
いつか登ってみたいですねー。

さてこの御朱印ツアーの全行程はこんな感じ。

東北御朱印ツアー行程表

仙台空港でレンタカーを借りて、冬の東北地方をクルっと一周して参りました。
で、それぞれの思い出の写真はこんな感じ。

宝珠山 立石寺

瀧不動生そば「地鶏そば」

朝の鳥海山

秋北食堂「豚のしょうが焼き定食&とりもつ小」

岩木山神社

夕刻の岩木山

高山稲荷神社の千本鳥居

豪ーめん水沢店「味噌豪ーめん豚入り中」

志波彦神社の四季桜

1000km突破

陣中冠舌屋「塩麹熟成丸ごと牛タン塩」

何だか御朱印ツアーというよりもグルメツアーだったような気もしないでもありませんが、まあ楽しいツアーでございました。

とにかく初日と二日目はとてもお天気が良くて最高。
最終日のみ寒波到来ということで十和田湖方面はパスしましたので、結局雪道をほとんど走ることなく1000kmを走り抜けることができました。

さ、全国一の宮御朱印の旅ももう終盤です。

あと9カ所・・

あと残すところは、みちのく福島県内と新潟佐渡、そして北海道と沖縄の全部で9カ所のみ。

うん、今年中には全部いっちゃいそうな気が。。。