ロードバイク関連」カテゴリーアーカイブ

シマノGRX Di2とガーミンEdge530とのコラボで楽しむ

シマノGRX Di2とガーミンEdge530との夢のコラボ完了。

デフォルト画面に選択ギアが追加されました

Di2専用画面

ガーミンEdge530に、Di2のシフトモードや選択ギア、ギア比、そしてバッテリー残量まで表示されてます。

シフトモードは最初よく分からなかったが、色々と調べて&試してやっと分かってきた。
ちなみにM谷サイクルでは「こういうのは自分で調べましょう」っていうスタンスでございます・・笑

モードは、シンクロモードとセミシンクロモード、そしてマニュアルモードの3種類選択できて、モードの違いは以下のとおり。

1. シンクロモード
基本変速はリア(右手)だけでOKで、フロントは自動で選択してくれるモード。

2. セミシンクロモード
フロントを変速した際に、最適なリアギアを自動で選択してくれるモード。

3. マニュアルモード
何もしないモード。

たぶん、こういうことだろう。

ちなみに設定は、iPhoneで可能。

iPhoneでの設定画面

STIレバー上部の隠しボタン(スイッチA)

基本シンクロモードで走ってみましたが、なかなか面白い。
アップダウンがあっても、変速操作はホントに右手だけで終始できる。
ただフロントが変速される時に、もう少しリアの変速を早めてほしいところ。ちょっとタイミングが遅い。(もしかしたらどこかで調整できるのか?)

ちなみにフロントインナー状態では、リアはトップ側2枚ほど使えなくなっている。
調べると、チェーンテンションが非常に緩くなるため、チェーン落ち等のリスクを避けるのが理由らしい。

なのでフロント48Tなら、少々の上り坂でもほぼアウターで走ることとなる。
速度的には15km/h以上ならアウターで走る感じ。
ちなみに和泉市の蕎原周回では、ほとんどインナーに落ちることはなかった。

それと「隠しボタン」は、デフォルトのままに押せばガーミンの表示スクロールができるようにしています。コレもなかなか便利。

蕎原のお気に入りの脇道

実のところDi2のコンパクトなSTIレバーが気に入っただけの理由で電動コンポを選んだのですが、想像以上に進化していることが分かって面白い。
ここまでくると、もはやロードバイクもIT家電と言えそうである。

隠しボタンも、もっと良い使い方はないものかと考える。
押せば自宅の風呂が沸くとか・・。

あ、そうそう、上の写真の平均速度とか心拍数はあまり見ないでねん。(身体の衰退ぶりがバレてしまう・・)

Kualis Ti Disk Road 完成

究極のグラベルロードとして自分なりに目指してきたモノが完成しました。

Kualis Ti Disk Road Custum Version

コンポはシマノGRX Di2

フロントは48×31Tのダブル仕様

油圧式ディスクブレーキ

とても握り心地の良いSTIレバー

インジェクション ジャンクションはこの位置

電源ケーブル&バッテリーは内装式

全体の重量は実測で8.2kgと、以前よりかなり軽くなった。

で、まずは近くまで初乗り。

久々のDi2でしたが、「こんなに良かったっけ?」と思うほど気持ち良く変速できる。
そして何より油圧式ディスクブレーキが最高。軽いタッチでダイレクトな効き。ワイヤー式ディスクとは雲梯の差である。
それとこのSTIレバーが良い。細身なのにしっかりとした握り心地。手が小さいオラでもとても操作しやすい。
ちなみにDi2にはワイヤレスユニット(EW-WU111)を付けてもらったので、スマホで色々と設定したり、STIレバーの隠しボタン(何それ?)を使えたり、何とGarminにギア表示させることもできるらしい。

フロントギアは以前はシングルでしたが、結局ダブルに戻った。
シングルのすっきりした見た目は好きなのだが、やはり下りでも踏めるのとギア差が小さく細かな変速ができるダブルの方を選んだ。

コンポの入替えだけの予定でしたが、なぜかホイールも入れ替え。
EASTONの「EA90 SL DISC」。グラベル&シクロ用の軽量ホイール。以前のフルクラムレーシング5よりもかなり軽くなった感がある。
チューブレスレディ仕様なのだが、結局チューブを入れることにした。
シーラントを入れてチューブレスにすることも検討したが、やはりパンクのことを考えるとどうしても二の足を踏む。

タイヤはパナレーサーのグラベルキングSK。
これもスリックにするか迷ったが、一度乾いたダートで滑って転んだ経験からまたイボイボ付きにしてしまった。
しかし舗装路はやはりスリックの方が圧倒的に走りやすい。
走りながら「う~ん、普段はスリックにしようかな・・」と考えてると、何とT師匠と対向。で、その後捕獲・・。

初乗りでいきなりT師匠と遭遇

ちなみにT師匠もKualisのチタンバイク乗りである。
ていうか、T師匠のバイクを見て、オラもKualis乗りになってしまった。

ちなみにT師匠のバイクも、しばらく見ぬ間に色々バージョンアップされていた。
(カンパレコードの12速って・・何?)

さ、あとはバーテープを巻けば完成である。(さて、何色にすべきか?)

Kualis工房にて

和歌山のフレームビルダー「KUALIS  CYCLES」の工房にて。

おもむろにドリルで穴を開ける西川さん

ココにも穴を開けます

最後にココも

フロントからはココを通す感じに

リアエンドにも穴を開けて

ここにも開けて

ものの15分ほどで作業は終了。
ついでにちょっとキズが付いたところがあったので、磨いてキレイにしていただきました。
ちなみに裸フレーム状態での持ち込みであれば費用はFreeとのこと。(マジか?)

さて、楽しみです。

期間限定S660号通勤中

感染予防とういことで、4月から全社で車通勤を実施中。

帰りはやっぱりオープンで

朝は車だとかなり余裕をもって出ないといけないので、自宅は6時半発になる。

電車だといつも7時15分に家を出ている。
電車の方がかなり早いし楽である。本も読めるし。

ま、でもこうしてオープンにして帰宅する時間はとても楽しい。

1月の予算作りから始まって、3月にかけて中期経営計画、資金計画と続き、4月に本決算。とやっている中のまさかのコロナ騒ぎである。

ホントに忙しかった。
でももう来月の総会に向かって一段落て感じ。

シマノ GRX

さ、ではそろそろ遊ぶことを考えなければ・・。

グラベルロードでお散歩

休日の朝。
自宅を6時に出発。

誰にも会わず、どこにも寄らず、気が向いた時に写真を撮るだけ。

お気に入りの木のトンネルにて・・

こんなところに3ローター搭載マシンが・・

これは何てお花でしょ?

ほんにエエお天気です・・

走行距離は50kmほど。アベ20km/hほど。時間は3時間ほど。

自宅に帰ってからは、自転車洗って、バイク洗って、車を洗って・・。
カメラのメンテをして、パソコンの整理をして、焼きそば作って、鳥酢豚を作って・・。
意外に充実した休日であった。。。

しかしこんな状態がいつまで続くのか。
ホントにエライことになったなと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

バイクかロードバイクか

建国記念の日は朝からフリーでしたので、朝からまずクロスカブ号で和歌山の紀ノ川河川敷へ。

南海電鉄の期間限定車両「HYDEサザン」号とクロスカブ号を撮ろうとしたものの、何とHYDE仕様は和歌山向きの前半分だけで、大阪方向は普通のサザン号だったという痛恨のミス…。

紀ノ川の河川敷にて

ま、また次来れば良い。次回は反対側の河川敷にしよう。と、お昼前に一旦帰宅。

で、気温も上がってきたので、久々にグラベルロードで近所の散策へ。

松尾川沿いのダート道

父鬼から牛滝へ抜ける細道にて

パンクしました・・

やはりクロスカブ号と比べると圧倒的にスピードが遅い。
特に上り。いや足の劣化の問題も大いにある。地面が止まって見えます。(^^)
その代わり遠くの小鳥のさえずりや梅の花のほのかな香りまでも感じることができる。
バイクの場合は、速度が速くフルフェイスヘルメットを装着した上にエンジン音もあるので、なかなかそこまで感じることができない。S660号でオープンにした時の方がまだマシである。

ただしロードバイクの場合、交通量の多い車道が非常に走りにくい。
右脇を車や時には大きなトラックが次々に通り抜ける恐怖は半端ない。
特に片側一車線で路肩が狭い道が最悪。
そんな道はできるだけ避けて走るようにしてますが、だいたい日本の車道はロードバイクが走るようには設計されていない。

大抵は歩道と車道との境目にある白線付近を走ります。あまり歩道側に寄るとゴミや砂、落葉などが多くて危ないし、車道側に膨らむと車に接触しそうになる。基本は境目50cmくらいをトレースする感じ。
しっかりした歩道のある交通量の多い片側一車線道路となると、その幅は更に狭まり、幅10cmくらいしか使えないような道路もある。そしてそこに縦溝の排水口が現れたりすると、もはや曲芸となる。

その点バイクはとっても楽だ。
原付二種でも車の流れに乗りながら堂々と車道の真ん中を走れる。
車道なら最低3mくらいの道路幅がある。50cmとは全然違う。

日高川(和歌山)の畔にて

かつらぎ町(和歌山)の山奥にて

ちなみに転倒した際のダメージは、速度が同じなら圧倒的にロードバイクの方が大きい。
自転車の場合、保護具と言えば小さなヘルメットと小さなグローブくらいなので、低スピードでも転倒するとかなりのダメージを負う。そして結構簡単に骨折する。ロードバイクで鎖骨などを折った方は数えきれないくらい知っている。

その点バイクは保護具が充実しています。
ちなみにオラがクロスカブ号に乗る際には、フルフェイスヘルメットと胸部、肩、肘、膝のプロテクター入りのウェア、そしてエアバッグプロテクター「hit-air」まで装着してます。
たぶん転倒しても路面を転がる程度であれば、ほぼ無傷で済むケースも多いでしょう。
ま、その分、風を全身で受ける感覚はロードバイクに比べると乏しい。

季節で考えると、真夏はメッシュジャケットが着れて速度の高いバイクの方がかなりマシ。ロードバイクは暑すぎる。下手すると熱中症になってしまう。
逆に真冬は身体を動かすロードバイクの方がかなりマシ。冬用ウェアを着てペダルを回せば自然と身体は暖まります。山から下るときだけウインドブレーカーが必要なくらい。
バイクはひたすら寒さに耐える感じ。電熱ウェアや電熱グローブなどもありますが、費用がかかるし電源コードやモバイル電源だらけになってしまいます。

健康面では圧倒的にロードバイクでしょう。
一日に何時間も有酸素運動ができるという面ではダイエット効果抜群です。
自転車に乗ると足が太くなるのでは?と懸念される方も多いのですが、そんなのは競輪選手など特殊なトレーニングをした方だけ。ほとんどの方は痩身なマラソン型になります。
その点バイクは、やや不健康的なイメージが漂います。かなりぽっちゃり体型のライダーも多いですし、喫煙率も高めです。

また世間一般的にもライダーというのはややアウトローな印象を抱かれます。
ま、車に乗っていても、隙間を縫うように走ったり、無理な追い越しをするライダーというのをよく見かけます。
またロードバイクでも酷い走りをされる方は結構多い。
大阪の街中では信号無視なんて日常茶飯事ですし、車道を横に並んで走ったり、20台くらい連なって走るグループも見かけたりします。(どないして抜けっちゅうねん…)

蕎原(大阪貝塚)の田舎道にて

ま、とにかくどちらも安全に楽しみたい。

バイクとロードバイク、共通するのは二輪車というところ。
あとは自分で漕いで走るか、エンジンで走るか。

ちなみにオラがロードバイクで一番心地良いと思う瞬間は、細い山道を緩く上っている時です。そしてクロスカブ号で林道をトトト…と、ゆっくり走ってる瞬間も同じような心地良さを感じます。

さ、次の休日はどっちを楽しむか・・。

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

グラベルロードのブレーキについて考え中

先週KUALIS号で走って、とても気持ちの良いコースだったので、また今週も来てしまいました。

自宅~国分峠~滝畑ダム~天野街道~光明池~自宅。

特に滝畑ダムに向かうダート道「堺かつらぎ線」と、滝畑ダムから天野山へ抜ける「河内長野かつらぎ線」の雰囲気がすごく良い。

堺かつらぎ線

塩降隧道

梨の木隧道

河内長野かつらぎ線

天野街道

距離は50km程度。累積標高が600m程度。そしてアベは22km/h程度。
朝8時過ぎに自宅を出て、11時過ぎには帰宅できるルートです。

気温は平地は25度程度でもう暑いくらいですが、滝畑ダム周辺では18度以下ととても涼しい。
ま、とても気持ちの良い自転車ライドでした。

KUALIS号の走行距離もソコソコ伸びてきました。
上りも下りも、そして市街地でもダート道でもどんな道でも快適にこなす万能バイクなので、結構楽しくコツコツと乗っています。

しかしどうにも気になるのがブレーキ。

シマノ BR-R317

シマノの「BR-R317」というMTB用のディスクブレーキで、効き自体は特に問題ないのですが、そのタッチがどうにもいただけない。
レバーを引いてから一瞬ガクっと遊びがあって、そこからやっと効き始める感じ。まるでママチャリのブレーキのようである。
ま、かなりお安いブレーキですので仕方ないのですが、NINER号よりもかなりフレームの剛性感が上がっているので、相対的に目立ってしまっている感じ。
そして見た目もやっぱりフラットマウントタイプの方が良いよなぁ~と。

ちなみに先日シマノからGRXシリーズというグラベル専用のコンポが発表されました。

すべて油圧式のディスクブレーキで、ULTEGRA、105、そしてTIAGRAに相当するグレードがラインアップ。変速は機械式と電動式があり、何とフロントシングルタイプも選択できるらしい。

これまでもシマノULTEGRAのロードタイプに油圧ブレーキ対応のものがありましたが、機械式STIレバーが尋常ではないくらい巨大で「あれはちょっとな~」と躊躇しておりました。
電動式ならまだマシなのですが、どうも電動タイプは信用できず、ロードならまだしもグラベルでは「もし山の奥地で何かあったらどうしよう」と考えてしまいます。(そんなに山奥に行くことはないでしょうが・・)

さてこのGRXシリーズの機械式STIレバーの大きさはいかがなものなのか?
現在のWEB情報だけではイマイチよく分かりませんので、7月の発売を待って実物を確認したいところ。
もし許容範囲であれば、サクっと入れ換えするかも?

その場合、フロントはシングルにするか、いややはりダブルにすべきか?
シングルでもそれほど問題ないが、下りで気持ち良く踏めないところが最大の難点。(ちなみに平たんでは全く必要ございません・・^^;)

ま、とりあえず7月まで待ちましょう。。。

KUALIS Ti Disk Road って

朝7時発で自宅近くのダート道へ。

自宅から10分でこんな良いダート道が

やっと春らしい天候になってきました。

小さな川の堤防沿いにはこんなダート道が結構残っています。
フラットダートで景色も開けていて気持ち良く走れます。
ただしこの時期は小虫がたくさん飛んでいて、顔にパチパチと当たるのが少々いただけないところ。

松尾農道沿いのダート道

松尾寺から梨本池そして谷山池沿いを抜けた先にある狭い林道。
途中一部担いでクリアしないといけない所もありますが、基本ダブルトラックの走りやすいダート道が長く続くお気に入りのルートです。

さてこのKUALISロード、なかなか快調です。
とにかく剛性感が高く、シフトチェンジのカンカンという音がフレームを通じて伝わってくる感覚が何とも心地良い。
そしてとにかくスーっと走ります。舗装路でもダートでも快適そのもの。衝撃をうまく吸収しつつ、路面状況もちゃんと伝えてくれるところが凄い。

またNINER号から1kgほど軽くなったので、上りもかなり楽になりました。
でもまだ8.5kgほどあるので、TIME号に比べるとかなり差があります。
これ以上軽くするとなると、やはりホイールか。ちなみにマビックからかなり良さげなモノが出てます・・。

それとブレーキもちょっと考えているところ。
現在はMTB用のディスクブレーキをアダプターを噛まして装着していますが、できればそのまま付けれるフラットマウントタイプにしたいところ。
そしてもっと言うとやはり油圧ディスクが気になります。

ま、でもそんなにガシガシ乗るバイクではないので、しばらくはこのまま乗っているつもりです。(のはず・・)

いやそれ以前に、オラの足の劣化ぶりが凄い・・。
今日の走行距離は約50km、上昇約550m、平均速度21.5km/h。

もうヘロヘロの図

ま、新しいバイクも来たことですし、もうちょっと乗っていきますか。。。

KUALIS Ti Disk Road 納車されました

それにしても渋い。
ていうかパッと見にはかなり地味な印象。

しかし、まさに自分がイメージした通りの出来栄えです。

KUALIS Ti DISK ROAD

オーダーフレームということで、色々と拘りを持って注文したところが見事に実現されているところが嬉しい。

何より全体のスタイルが良い。
私は身長167cm程度なので、フレームサイズが小さくホイールとのバランスが悪くなる傾向があるのですが、とても上手くまとまってます。

トップチューブのスローピング角度、そしてシートポストの突き出し具合、サドルとハンドルの落差加減もちょうど良い感じ。
シートポストの『THOMSON』ロゴがキレイに見えるように、でもあまりスローピングはキツくならないように、そしてステムは100mmを使いたい・・などと勝手な注文をしてたのですが、全てキチンと叶えられています。
ま、ハンドル高はもう少し下げたいところですが、昔のように乗れてないので、これ以上下げると身体が辛くなります。

KUALISのロゴプレート付き

THOMSONロゴがキレイに見えるように

微妙な光加減で浮かび上がるKUALISロゴ

そして何と言ってもチタンフレームの質感が素晴らしい。
チタン独特の鈍い輝きは、光の加減で微妙に表情を変えてくれます。
まるで工芸品のような仕上がり。溶接部の緻密で丁寧な仕事ぶり、ブラッシュド仕上げの控えめなロゴもよく合っています。
いやしかしホント、ずっと見ていても飽きません。(酒が呑めます)

コンポやホイールはNiner号から移設。
ちなみにホイールのFULCRUMシールはすべて剥がしちゃいました。
ドライヤーで温めながら少しずつ何日もかけての作業。想像以上に大変でしたが、やって正解だった(はずだ)…と思います。

さ、今週末はこれで走れるかな?

フレーム: KUALIS Ti DISK ROAD
フォーク: PARLEE
コンポ: SRAM Rival1 (F42T R11-38T)
ホイール: FULCRUM Racing5 DB
タイヤ: PANARACER GRAVELKING 28C
ハンドル: THOMSON CARBON ROAD Bar
ステム: THOMSON X2 31.8 100mm 10°
シートポスト:THOMSON Masterpiece
サドル: fi’zi:k ALIONE 00
ペダル: CrankBrothers Candy1

KUALIS Disk Road

もうロードバイクなんて買うことないと思ってたのに・・。

KUALIS Disk Road

KUALIS Disk Road

待つこと約8か月。
ついにビルダーさんより「出来上がりました」との連絡が入りました。

先行して写真だけ入手。

美しすぎる。。。