グルメ情報関連」カテゴリーアーカイブ

倉敷で美術と絶品イタリアンを堪能する

何だか雨続きの週末。
キャンプもトレッキングも、そして自転車にも乗れないということで、奥様を連れてサクっと倉敷まで行ってきました。

狙いは「大原美術館」。
以前読んだ「楽園のカンヴァス」に登場する絵画がいくつか展示されていると知って、いつか行ってみたいと思っていたところです。

アクセラ号で7時前に自宅を出発して、10時前に倉敷に到着。
ちょっと早かったので、大原美術館の向かいにある「倉敷市立美術館」にも行ってみることにします。

ちょうどやっていたのが「山本二三展」。

「倉敷市」50周年記念事業 山本二三展

「倉敷市」50周年記念事業 山本二三展

これが意外に面白かった。

山本二三氏というのは、日本のアニメーション美術の創造者として、「天空の城ラピュタ」や「もののけ姫」、そして「火垂るの墓」「時をかける少女」をはじめに非常にたくさんの作品の美術監督を務められた方のようです。

とにかくその緻密で繊細な筆さばきに驚きの一言。
草花の葉や枝の細かな質感から、風景の奥にあるビル群の一つ一つの窓まで、全く手を抜かずに書き切っているところが凄い。
そして光の入り方も忠実に表現されているところも素晴らしい。
正直アニメの背景画がこんなにも労力をかけて作り上げられているとは知りませんでした。

ちなみにジブリ好きの奥さんもかなりご満悦なご様子。(何とルパン三世もありました・・笑)
とても空いていたので、じっくり作品を見ることができたのも良かった。

お昼は倉敷美観地区内にあるイタリアン「ペーシェルーナ」へ。

ペーシェルーナ

メイン料理の魚バージョン

メイン料理の肉バージョン

デザートのパンナコッタ

ここ超絶に美味かった。

私的には今まで食べたイタリアンの中では一番かも。
特にフォカッチャが最高。(エ?ソコ?)
程よい塩加減と香ばしさ。表面は軽くサクっと、そして中はシットリ。(あまりに美味すぎて写真撮り忘れたわ・・^^;)

20席ほどの小さなお店で、ご夫婦二人で切り盛りされてる感じ。
オープンキッチンで厨房がすべて見えるようになっているのですが、何よりシェフの動きが素晴らしい。
ほぼ満席でかなりパニクっているはずなのですが、そんな様子は微塵も見せることなく、ただ静かに的確に次々と料理を仕上げていきます。とにかくその動きに全く無駄がない。まるでショーのよう。その動きを見てるだけで楽しい。

昼からは大原美術館へ。

大原美術館

ピエールの「幻想」、エル・グレコ「受胎告知」、パブロ・ピカソ「鳥籠」など、楽園のカンヴァスに登場した有名どころの絵画はほぼ堪能することができましたが、一番楽しみにしていたアンリ・ルソーの「パリ近郊の眺め、バニュー村」がなぜか見当たらず。(アレ?)
館員さんに尋ねてみると、何と「すいません。ただいま所蔵庫の中に入ってます」とのこと。(オーマイガー・・( ;∀;))

う~ん、仕方ありません。また機会があったら再び来ることにしましょう。

てことで、最後に雨の倉敷美観地区を散歩しながら帰路の途へ。

倉敷美観地区

牡蠣せんべいと牡蠣だし

ちなみにこの日の歩数は約9000歩で歩行距離は約5km。

ああ、しかし運動不足やな。。。

S660で若狭へ

キルワニ&キル兄ぃ夫婦からお誘いを受けてトラック野郎@師匠と共に「若狭の重田家」へ美味しいお魚を食べに行ってきました。

チームメンバーSayoさんのご実家である重田家には以前「若狭センチュリーライド」に参加したときにも泊まらせていただきましたが、トラック野郎@師匠は初めてです。
そして師匠に「ちょうど納車されましたのでS660で一緒に行きます?」と聞きましたところ、「はい!ぜひ!いや~楽しみやわ~!」と、結構な喜びよう。(ホンマにエエのかな?)

でもS660には2人分のお泊まりセットや星空撮影機材は積めませんので、リヤにキャリアを設置し、そしてその上にホムセンボックスを搭載して、師匠宅へとお迎えに行きます。

ホムセンボックス搭載のS660

ホムセンボックス搭載のS660

やや窮屈なご様子の師匠

やや窮屈なご様子の師匠

「エエ~、ホンマに低いな~」と、まさに身体を折り畳むようにS660の助手席へと収まった師匠。
とりあえずキャリアに積めなかった荷物は膝の間に入れてもらいます。

13時に出発。
阪神高速から池田に出て、まずはスプリングひよしへと向かいます。
すると突然キル兄ぃ氏より「今どこ?」との電話着信があり、初めてS660のハンズフリー機能を使用しながら「まだスプリングひよし手前です」と応えると、「こっちは名田庄で、もう30分前に自走組は行ったで」とのこと。(エ?マジ?)
そうこのツアーには自転車で大阪から若狭まで自走で参加する人たちもいるのです。(すげ~・・)
それにしてもハンズフリー機能はかなり便利です。(しかしマイクはどころあるのだ?)

しばらく走ってスプリングひよしに到着。
そしてココで師匠に運転を代わってもらいます。

ココからは美山を抜けてR162で堀越峠へ。
約20年ぶり?にMTを操りながら師匠は「いや~、これは楽しいですね~♪」と、かなりご満悦の様子。
ま、でも秋の交通安全週間の真っ最中でしたのでスピードは全然上げれませんが。。。笑

てな感じで、道の駅「名田庄」でまた交代。
いい感じに日も落ちてきましたので、ココで幌を外してオープンにしてみます。

師匠から送られてきた写真です

師匠から送られてきた写真です

ま、オッサン2人ではあまり良い絵面にはなってませんが、気持ち良いことには変わりありません。

その後少々道を間違えながらも(やっぱスマホナビは使いにくい・・)、何とか17時半ごろに重田家に到着。

で、サクっと温泉でサッパリしてから、集まっていた面々と共に早速大宴会の始まりです。

すっげ~美味そうだぞ~!!

すっげ~美味そうだぞ~!!

シマノ鈴鹿チームTT女子の優勝メンバーが乾杯~!

シマノ鈴鹿チームTT女子の優勝メンバーが乾杯~!

今が旬のアオリイカ~♪

今が旬のアオリイカ~♪

そうそう、忘れそうになってましたが、この宴会の主旨はシマノ鈴鹿ロードレースの女子チームTTで念願の優勝を果たした「HOT FLASH」チームの祝勝会でございます。
え? 私? あ、はい、もちろん今年の鈴鹿には何にも出てませんが、何か?(あ、師匠も・・)
いや、ま、楽しければ何でもイイんです!(^-^;

いやいや、それにしてもこの宿の食事は相変わらずスゴイ。
新鮮なお刺身はもちろん、付きだしから焼き物や揚げ物、イカのグラタン、そしてお漬け物まで本当にすべて美味い。

で、「も、もう、食えん・・」というくらいまで食べて飲んで、そして喋って笑って一旦解散。
とりあえず呑み足りない人は各自のお部屋で2次会へ。そして私と師匠は一旦外へ出て夜空を見上げます。

で、「お、結構いけるかも」と、撮影機材一式を持って近くの漁港へ。

世久見漁港からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

世久見漁港からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

世久見漁港からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

世久見漁港からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

最初は結構星が見えていたのですが、その後一気に雲が出てしまい、結局初めにテスト的に撮った写真にしか星が写りませんでした。(それも薄雲で天の川もごく薄くしか写らず)

ま、でもこういう漁港てのもなかなか風情のあるポイントですね。
ただし係留されている船が結構動くので、ブレてしまうところが如何ともし難いところですが・・。

世久見漁港からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

世久見漁港からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

それから30分くらい粘ったものの、もう雲が晴れそうになかったので、諦めてこの日はもう就寝。。。

翌朝は6時に起床。
これまた非常に美味しい和朝食をいただき、そして朝風呂にも入ります。(ああ、幸せや~)

で、8時に自走組の面々をお見送り。

大阪まで片道180km自走の面々をお見送りです

大阪まで片道180km自走の面々をお見送りです

『サカタニサイド』ジャージ着用のイノク●フ氏

『サカタニサイド』ジャージ着用のイノク●フ氏

不審な動きをするキ●兄ぃ氏

不審な動きをするキ●兄ぃ氏

鉄女たちに囲まれるオイラ・・

鉄女たちに囲まれるオイラ・・

それにしても大阪からこの若狭まで往復400km近くをたった2日間で軽々と走りきるこの人たちはスゴイ。
特に女性陣の鉄人ぶりが半端ない。鈴鹿での圧勝ぶりが激しく頷けます・・。

で、自走組を見送った後に、私と師匠はS660に乗ってとある場所へと寄り道。。。

マキノのメタセコイヤ並木 (Canon EOS6D + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR)

マキノのメタセコイヤ並木 (Canon EOS6D + TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR)

写真ではよく見ていたのですが、訪れたのは実は初めて。
なるほどこれはなかなか絵になるスポット。
ちなみにココで星撮りされている写真も見たことがありますので、いつか私も挑戦したいところです。

てな感じで、この若狭ツアーも無事終了。
初めてのS660での遠出でしたが、とても楽しかったです。

ちなみにほぼ丸二日間に渡ってS660の狭い助手席に入っていた師匠からは、

「この車はあくまでも一人乗りですね~。次回の星撮りツアーは別の車にしましょうか?」

とのコメントいただきました。。。笑

にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

アジ刺身定食とキャンプとハヤシライス

曽爾高原から帰ってきて寝たのが午前1時すぎ。
で、翌7時に起床すると、外は意外にもとても良いお天気。(アレ?)

で、とりあえず奥方に「お昼にアジの刺身定食を食べに行かへん?」と聞いてみます。
「うん、いいよ。どこに?」「伊勢あたり」「へ?」「ついでにキャンプもしようか?」「は?まあエエけど」てな流れで、いきなり伊勢に行くことになりました。^^

で、ワゴンR号にキャンプ用品一式を積み込んで10時すぎに自宅を出発。
自宅~南阪奈道~大宇陀~高見峠~飯高という下道メインのルートで、目指すお店である「鈴木水産」に13時すぎに無事到着します。

お昼過ぎとあって、全く待つことなく即着席。
そしてメニューを見ながら「あじ姿造り定食」と「おまかせ定食」を注文します。

あじ姿造り定食 780円

あじ姿造り定食 780円

おまかせ定食(かんぱち) 1080円

おまかせ定食(かんぱち) 1080円

添えられてるお花はどう見ても造花ですが、お刺身の方はプリプリで最高。
いやいやコレでこの値段は安い。大阪市内なら間違いなく2000円コースやろ。
もし近くにこのお店があったら、マジで毎週通いたいくらいです。
ま、他のメニューも気になるので、とりあえずリピート確定でし。

で、奥方と共に超満足になってお店を出て、そのまま伊勢の賢島方面へと向かいます。
ふと途中で「そう言えば、この辺に何か有名な展望台があったのでは?」と思い出し、一旦止まってスマホで検索。
するとやはり「横山展望台」という英虞湾が一望できる展望台がすぐ近くにありました。てことで、軽く寄ってみることにします。

ナビに頼って行くと、展望台への道は通行規制がかかっていて、クルマは一段下の駐車場に止めてそこから少し歩かないといけないようです。

かなり上って行きます

かなり上って行きます

ま、軽く腹ごなしになるかと、テクテクと登ること・・・約20分(かなり長い)・・・で、やっと着きました。(ああ、シンド・・)

横山展望台からの眺め (OLYMPUS TG-3)

横山展望台からの眺め (OLYMPUS TG-3)

おお、コレはなかなかの絶景。
リアス式海岸が複雑に入り組んだ、ちょっと不思議な風景が広がっています。
街が近いので星撮りにはちょっと厳しいかもしれませんが、逆に月が明るいときには面白い写真が撮れるかも。(一度夜に来てみようかな?)

何てことを考えながら、近くのスーパーで軽く買い出ししてから、本日の宿泊地「御座白浜観光農園キャンプ村」に到着します。

ココに来るのは2回目です。
前回は初めてのソロキャンプのときにお世話になりました。

料金はサイト料3000円と入場料が大人500円ずつで合わせて4000円で、「消費税はサービスします」とのこと。そして「今日は空いているので、どこでもお好きな所にどうぞ」と言われます。
ちなみにホームページではこのシーズンのフォレスト&ヒルオートでのサイト料は4500円(税別)となっていたので、夫婦2人では6000円近くになるはずなのですが・・。ま、えっか・・。

てことで、一番眺めが良くて便利な管理棟前のヒルオートサイトに遠慮なくサクッとテントを設営します。

スノーピーク ペンタシールド (OLYMPUS TG-3)

スノーピーク ペンタシールド (OLYMPUS TG-3)

夢の小川張り仕様です (OLYMPUS TG-3)

夢の小川張り仕様です (OLYMPUS TG-3)

ココで1ヵ月ほど前に購入した「スノーピーク ペンタシールド」を初めて設営。
一度やってみたかった「小川張り」という張り方です。

奥方に、「そこ持ってて」 「もうちょっと引いて」 「少し上げて」などと言いながら、奮闘すること約30分・・・。何とか張り終えましたが、いやいやコレは一人では絶対無理でした。^^;

しかも高さが低すぎて常に中腰にならないといけないので、結局BBQは横の露天スペースですることに・・・。(何じゃそりゃ?^^;)
次回は、もう一段長いポールを入れて、そして両端にロープも繋いでもっと高く設置すればかなり快適になると思います。(たぶん・・)

で、いきなり翌朝です。。。(昨晩は奥方に冷酒を勧められて即撃沈・・@_@)

御座白浜観光農園キャンプ村の朝 (Canon PowerShot SX710 HS)

御座白浜観光農園キャンプ村の朝 (Canon PowerShot SX710 HS)

気温は22度くらい。
テントのメッシュ窓を開けっぱなしにしてちょうど良い感じで、とても良く眠れました。

コーヒー豆を挽いて淹れ、食パンにハムを挟んで辛子マヨで味付けするだけのホットサンドを焼き(コレが旨い)、漁船が行き交う海を眺めながらまったりとした朝を過ごします。
このキャンプ場で迎える朝のひと時はイイです。何かこう英気が養われていく気がします。

ゆっくりと撤収作業してから、8時半ごろにキャンプ場を出発。
で、1時間ほどで伊勢のスーパー銭湯「みたすの湯」に到着。ゆっくりとお風呂に入ってさっぱりします。
そしてこの日の目的地「瀞峡」へと進路を向けます。

伊勢自動車道と紀勢自動車道を乗り継ぎながら一気に尾鷲へ。
尾鷲からは、無料の熊野尾鷲道路で熊野へ。
そして熊野からはR311号にて、風伝トンネルから瀞峡へと向かいます。

このR311号は、8年ほど前にツールド熊野という3日間の自転車レースで走ったところです。
こうして車で見覚えのある景色を見ながら、「しかしあの頃は元気やったな~」と、あの雨の中の強烈なレースを思い出します。

13時すぎに瀞峡の景勝地「瀞八丁」に到着。
そしてまずは目的のお店を探します。

すると、まるで隠れるようにそのお店はありました。

エ? ココ?

エ? アレ?

瀞ホテル

瀞ホテル

昔は宿泊できたらしいですが、今はカフェとレストランのみの営業となっているようです。
とにかくココで出されるハヤシライスが絶品らしく、それをこの瀞八丁の絶景を眺めながら食べれるということで、巷では人気となっているらしい。

てことで、早速お店の中に入ろうとしたその瞬間、店先の看板に小さな紙切れが貼りつけられているのに気付きました。(ん?)

エ? ヘ? ハ?

エ? ヘ? ハ?

「あ・・・」と、まさに絶句する私。
何ともうハヤシライスどころか、ご飯ものはすべて売り切れのようである。(マジか?)
まさかこの時間でもう売り切れとは全くの想定外です。

ま、でも仕方ないので、この日はあえなく撤退です。(残念すぎるぞ・・)
でもせっかくなので瀞八丁の絶景を少しだけ堪能しときます。(しかし腹減ったな・・)

お店の前を下りると・・

お店の前の階段を下りると・・

絶景の瀞八丁です

絶景の瀞八丁です

で、近くの道の駅「おくとろ」の隣にある「おくとろ温泉レストラン」のランチバイキング(1080円なり)で、たらふく唐揚げを食べさせていただきます。
いや、コレが意外に旨かった。(ま、こんだけ腹減ってたら何食っても旨いか・・)

そしてそのまま下北山から上北山経由で、ひたすら山道をHC大台ケ原参加者の車たちに煽られながら大阪へと帰還します。

ま、ハヤシライスは残念でしたが、こうして奥方と二人で行くグルメ&キャンプツアーはなかなか楽しい。
てことで、他にも行きたいグルメ処やキャンプ場がたくさんありますので、これからもこんなレポが続いていくかも・・・。

それに、やっとS660も来ましたし。v(^^)v

にほんブログ村 アウトドアブログ 夫婦キャンプへ
にほんブログ村

亀八食堂に初潜入

三重の鈴鹿で一人暮らしをしている長男坊宅に所用があった帰りに、奥さんと一緒に亀山の「亀八食堂」に寄ってみることにしました。

日曜日の11時半ごろに到着。
巨大な駐車場に適当な枠に車を止めて、いざ店内へ。
で、さてどうすればいいのかと店内を見回してると、いきなり「そこにお名前を書いてください」と店員さんにやや不愛想気味に言われます。
てことでボードに名前と人数を記入し、そしてそのまま立って待つことにします。

待ち人数は前に1組2名だけでしたが、11時開店の第一陣が入ったすぐ後だったようで、結構待たなければならない感じ。
ま、とりあえず奥さんとメニューを見ながら、他のお客さんの様子をさりげなく観察します。

この店の最大の売りは「ホルモン焼きうどん」なのですが、メニューにはその「ホルモン焼きうどん」が見当たりません。

亀八食堂のメニュー

亀八食堂のメニュー

「お肉2人前に麺1玉が適量です」と書いてあるので、どうやら自分で好みの肉を選んで「焼きうどん」にするようですが、果たしてこれが1人前なのか2人前なのかが不明・・。
そして焼うどんを食べている他のお客さんを観察すると、キャベツやモヤシなどの野菜も一緒に鉄板で焼かれてますが、これはどうやらお肉に標準装備されてるようです。(メニューにないので、たぶん・・)
しかしそれにしても何かこう初心者向けに「ホルモン焼きうどんセット」というメニューがあれば良いのに、そういう商売っ気をあまり感じられないお店である・・。

で、20分ほど待っていよいよ着席。
机の上には四角い鉄板があります。

亀八食堂の鉄板

亀八食堂の鉄板

で、とりあえず食べログの口コミ情報を頼りに、「バラ肉1人前、ホルモンA1人前、うどん玉1玉、ごはん小2つ、味噌汁2つ」を注文します。(たぶん、こんなもんやろ・・)

で、お茶はセルフサービスのようなので、奥さんが用意しに行って、そしてついでにトングも2つ持ってきてもらいます。
と、5分ほどでお肉と野菜を持った店員さんがやってきました。
そしていきなり鉄板の上にズサっとぶちまけられます。

お肉と野菜投入~!

お肉と野菜投入~!

そして店員さんはそのまま即撤退・・。
「え、どうしたらいいの?」と、鉄板を前に固まる二人。
とりあえずお肉を広げる感じにチョコチョコと焼いていると、いきなり通りすがりの店員さんに「どんどん混ぜてくださ~い」と声をかけられます・・。

てことで、グリグリと混ぜ回しながら焼いていきます。
しかしうどんを入れるタイミングが分かりませんので、仕方なくまた通りすがりの店員さんに「うどんはもう入れるのですか?」と聞くと、「お肉が焼けてからです」とのこと。

「いやいやこの味噌まみれのお肉が焼けてるかってどうやって判断するの?」とはさすがに聞けず、「まあ、こんなもんやろ・・」てなタイミングでうどんも投入してまた混ぜ混ぜします。

で、とりあえずこんな感じに仕上がりました。。。

ホルモン焼きうどん完成?

ホルモン焼きうどん完成?

で、早速食します。

「お、旨い」
焼けた味噌の香ばしさと、ホルモン独特の旨みが絶妙にマッチしてます。
かなり臭みは消されているのですが、微妙に残っているところが良い。
しかし味はかなり濃い。そして結構辛い。
焼きうどんなのにご飯が超ススム。まるでおかず、いやもはやご飯の友って感じです。

亀八食堂のホルモン焼きうどん

亀八食堂のホルモン焼きうどん

てことで、汗だくになりながら完食。
量的には、2人前としてはやや少なめでしたが、奥さんも私も最近とみに食べる量が減ったので、ちょうど良い感じ。

いやいや、それにしても少々クセのあるお店でした。
ま、かなり昔からのトラックドライバーご用達のお店とのことですので、この一種独特の雰囲気を醸し出しているのでしょう。

ちなみにYoutubeにはこんな動画が登録されています。

とあるチーム員から紹介された動画ですが、いやいやこうして見るとココまでして通い詰めるお客さんがいるって本当にスゴイ店ですよね~。。。^^