クロスカブ110 スプロケット16T→15Tに変更しました

純正の14Tから16Tにしてしばらく走ってましたが、走れば走るほどしっくりいかず、ついに15Tに変更しました。

丹波の加古川沿いの桜並木

何がいけないのかと言うと、大きくは以下の2点。
1. 4速60km/h走行時のパワーが貧弱で少しの坂や向かい風で3速が必要になってしまう
2. 山での2速パワーが貧弱で急坂(10%以上)では1速が必要になってしまう

で、15Tに変更して2回ほどロングツーリングに出ましたが、これが一番バランスが良いように感じます。
平地はほぼ4速のまま淡々と走れますし、山では2速か3速で走れるようになりました。
ただ細い林道を20~30km/hで走るのは、純正の14Tの方が気持ち良かったように思いますが、その分60km/h走行時の振動が大きい。
ま、どちらに主点を置くかの問題で、新型CT125のように125ccならたぶん純正のままでもいけるのでしょう。

ちなみにCT125は相当な人気らしく、今注文しても納車は秋以降になるらしい。
125ccエンジンにディスクブレーキ、その他諸々の専用装備を考えると価格的にも十分納得できます。
ただCT125はアップマフラーが装備されているのでサイドバッグが付けられないのが痛い。

サイドバッグサポートを装着しました

これでいよいよクロスカブ号でソロキャンプに行けそうな感じ。

それにしても新型コロナ騒動はいつまで続くのだろうか?

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です