一眼レフを持ってグラベルへ

日曜日は天気が良かったので、また単独でグラベル探しの旅へ。

NINER RLT9 ALLOY (OLYMPUS TG-3)

NINER RLT9 ALLOY (Canon EOS 6D + TAMRON AF 70-300mm F4-5.6 A17)

NINER RLT9 ALLOY (Canon EOS 6D + TAMRON AF 70-300mm F4-5.6 A17)

ここは天野街道から少し脇道に逸れた道。
牧歌的な景色が広がるとても良いダート道でした。

タイヤをまた26Cのグラベルキングに戻しました。
やはり32Cに比べると舗装路での走りが軽くなったように思います。
ダートでの走りも以前ほど不安定さを感じることなく、思ったより全然走れます。ま、タイヤサイズ以上にグラベル走りに慣れてきたのかもしれません。

そしてこの日は一眼レフをリュックに入れて背負って来ました。
良い場所があれば、適当に写真を撮りながら走ろうと思ってましたが、リュックを下してカメラを取り出す作業が結構面倒くさくて、結局一眼で撮ったのはこの場所のみに・・。^^;

近くの「奥河内くろまろの郷」で休憩。

奥河内くろまろの郷 (OLYMPUS TG-3)

初めて来ましたが、まずは自転車ラックの多さにビックリ。
そして中にある「むささびパン工房」のパンがどれも焼きたてで旨かった。
黒豆パンと桜あんパン、それと紙コップのホットコーヒーで700円ほど。
ちょっと高いけど、店内には広い食事スペースがあって、かなりゆっくりできる。

その後、久々にトトロ街道へ。
途中で踏切が鳴り始めたので、思わず止まってサクっと撮影。

南海電鉄とNINER RLT9 (OLYMPUS TG-3)

うん、やはりポケットに入れたコンデジの方が便利です。笑

天見駅から岩湧山方面へ。

岩湧山にて (OLYMPUS TG-3)

ここも超久々に来ましたが、あまりの激坂にもうヘロヘロ。
とにかく道幅を目一杯有効に使い(俗に言う蛇行)辛うじて登頂に成功したものの、お目当ての桜はもう終わっている感じでした・・。^^;

とりあえず滝畑ダム方面へと下ります。
と、ココに意外にも満開の八重桜があったので近づいていくと、何とその袂にキルワニ画伯とキル兄ぃさんがいらっしゃいました。(わお!)

個展を開催されて、やっと一段落されたよう。
とりあえず軽く夫婦漫談を楽しませていただいた後に、途中まで一緒に走ります。
で、その時の私の写真をキル兄ぃさんに後で送っていただきました。

vanboo (phpto by キル兄ぃさん)

久々に見る自分の走り姿。

ちなみに体重はレースにガンガン出ていた数年前から8kgほど増してます。
ま、言わばロードバイク1台分。どおりで上りがキツイはずです。決してグラベルバイクが重いだけが理由ではないかと・・。笑

それとリュックを背負ってのライドは結構疲れました。
やはり荷物はデカサドルバッグを利用して運んだ方がかなり楽です。

で、この日走ったコースはこんな感じ。

走行距離は64km程度。走行時間は3時間20分くらい。平均速度は18.9km/h・・。

ま、スピードはとても遅いです。
でもそんなまったりした速度で走るグラベルロードが本当に楽しい。
ただし上りはシンドイので、あまり上りのない気持ちの良いグラベルロードをもっと探したいところ。

来週あたりはいよいよグラベルロードを車載して遠征してみようかな・・。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: ロードバイク関連 パーマリンク

一眼レフを持ってグラベルへ への2件のフィードバック

  1. るみちゃん のコメント:

    ニュージーランドには100kmクラスの
    フラットグラベルがあるそうな・・・
    どう?どう?(^皿^)

    • vanboo のコメント:

      う~ん、そういうところなら、オフロードバイクで走る方が楽しいかも。
      グラベルロードでは、もっと距離短めで雰囲気の良いところが走りたいでし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です