グラベルロードで梵天山展望台へコーヒーライド

タニタク師匠他2名と共に、梵天山へコーヒーライドに行ってきました。

タニタク師匠と私はグラベルロード、タカラ君はマウンテンバイク、そしてトラック野郎氏は相変わらずロードバイク(25Cタイヤ)の参加です。笑

梵天山へは犬鳴から入って行きますので、その前に軽く足慣らしで「なぞの吊り橋」を経由しておきます。

今回初めてGoProをヘルメットに装着して随時撮影しながら走りましたが、これは写真を撮るよりも楽で、しかも臨場感に溢れていていいですね~。
ただ走りながら喋る私の声が少々煩いような気もしますが・・。^^;

犬鳴からは以前「新車汚しツアー」で通ったダート道を走って、途中から梵天山展望台方面へと右折します。
ここのところ雨が少なかったので、前回ぬかるんでいたところも結構乾いていてかなり走りやすくなっていました。

んが、分岐からは結構な勾配。

路面はジャリジャリでトラクションがかからず、しかもデカサドルバッグのせいかフロントが浮き気味でハンドリングもままならない状態でしたが、何とか梵天山展望台に到着します。

梵天山展望台に到着 (OLYMPUS TG-3)

いやいや、しかし何でこんな辺鄙なところにこんな立派な展望台があるのでしょ?

ま、それはそうととりあえず展望台へと上ってみます。

てことで、この展望台の上でコーヒータイムを取ることにします。

梵天山展望台でのコーヒータイム (OLYMPUS TG-3)

M師匠もコーヒーセット持参 (OLYMPUS TG-3)

マイコーヒー抽出中の私 (OLYMPUS TG-3)

いや~、コレは本当に楽しい。^^♪
春霞みがかかって遠景はあまり望めませんでしたが、風もなく柔らかな日差しが暖かくとても気持ち良い。
しかしまさかこんな風に皆とコーヒーを楽しむような日が来るとは、レースに明け暮れていた数年前には夢にも思いませんでした。笑

その後、梵天山からは葛畑集落を経由して風吹峠への国道に抜けます。

で、その時の動画がこちら。

これはなかなか強烈な下りでした。

とにかく路面が大きく谷状にエグれている箇所が多く、うまくトレースしないとタイヤを取られて転倒、もしくは最悪道路から逸脱(要するに転落?)してしまう可能性があります。
ま、幸いにも誰も転落するような事はなく無事クリア。(若干1名はかなり危なかったようですが・・^^;)

しかし確かにコレは楽しい。
ロードバイクで走るM師匠は別として、グラベルロードでのダート走りはMTBよりも難易度が高い分、クリアした時の達成感も高いように思います。
MTBに比べるとグラベルロードはもっと乗り手のスキルに依存する部分が大きいのですが、私でもこうして何度かグラベルを走っているうちに、最初の頃よりもかなりスムーズに走れるようになった気がします。
ま、バイクのHMSが楽しかったのと同様、こんな歳になってからでも自分の成長を感じれるのはとても楽しいことです。

それと先日タイヤを26Cから32Cに替えて、確かにダートでの安定性は増したのですが、舗装路での走りに軽さがなくなってしまったように思います。(要するに上りがキツイ・・^^;)
ま、タニタク師匠曰く、この辺りはどちらにウェイトを置くかの問題とのこと。
せっかくのグラベルロードですので、やはり舗装路での走りもある程度楽しみたいところ。

う~む、また26Cに戻してみようかな~?

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: ロードバイク関連 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です