高倉林道へ単独グラベル走り

南大阪近辺でダート走りできるところはないかとネットで調査していたところ、泉佐野の山側に「高倉林道」というものが存在することを発見。(お、こんなところに・・)

てことで、早速行ってきました。

と、その前に前回の新車汚しグラベルツアーで通った吊り橋のポイントがとても良かったので再訪しときます。

犬鳴温泉近くにある吊り橋 (Canon PowerShot SX710 HS)

大阪近辺とは思えないくらい情緒ある風景です。
しかし何でこんなところにこんな吊り橋があるのか不明。
もしかしたら旧道なのか? いやそれにしては軽トラも通れない道幅やし・・。(わからん)

その後、予め地図で目星を付けていたダートらしき道を探索するものの、実際に行くといきなりゴルフ場に敷地内に入ってしまったり、関係者以外立ち入り禁止看板が立っていたりして、なかなか良い道が見つかりません。(う~ん、難しい)

何てウロウロしているうちに、本日のメインダート「高倉林道」へ。
ていうかダートに入る前に、延々と続く舗装路の上りにノックアウト寸前。
もうあまりの自分の脚力のなさに唖然としながらも、何とか泉南市民の里球場を抜けていよいよダートへと突入します。

しかし想像以上の悪路。岩場のようになっているところも多い。でもやはりコレは楽しい。
実はタイヤをグラベルキングSKの26Cから32Cに替えてみたのですが、かなり走りやすくなりました。
路面と車体の間のクッションが増した感じ。とにかく安定感が違います。
ただし舗装路の上りは少々辛くなった気もしますが・・。^^;

あ、そういえば先日、このNINER RLT9の重量を計ってみたのですが、この状態で9.7kgありました。(ペダル、携帯ポンプ、ボトルゲージ込み)
ちなみにTIME ZXRSは7.2kgです。(ペダル、携帯ポンプ、ボトルゲージ込み)
その差は約2.5kg。まあ大体予想通りでしたが、やはり結構な重量差があります。
ま、でもグラベルロードは決して速さを追求するような自転車ではないですし、そんなにビックリするくらい重いわけではないし、何よりもまずダートを楽しく走れればOKてこと・・。

何て考えながら上っていると、いきなり視界が開けて展望台のようなところに出ました。(おお!)

高倉林道からの展望 (Canon PowerShot SX710 HS)

これはなかなかの景色。
遠くにはりんくうゲートタワーが、そしてその先には関西空港までもが見えます。

ちなみにGoogleストリートビューにも、この場所の360°パノラマ写真が掲載されていました。

誰が置いたか分かりませんが、なぜかベニヤ板のベンチが設置されています。
てことで、次回はコーヒー豆とバーナーセットを持ってきて、コーヒータイムを楽しもうかと画策中でし。。。

その後、峠を越えて堀河ダム方面へと下ります。
しかしなかなか強烈な下りでした。
大きな岩やぬかるみを避けながら、必死にブレーキを握って下ります。
まあでも結構楽しい。まるでスキーでコブ斜面を滑っている気分。
ただしちょっとリズムが狂うと「おおっと!そっちちゃうねん!」とあらぬ方向へと突進してしまい、危うくコースアウトしそうになることも・・。^^;

延々とガレ場を下りきると、堀河ダムに出ます。

堀河ダム側からの入り口 (Canon PowerShot SX710 HS)

しかし長かった。手も足もガクガクです。
でも後で調べると、ダート区間は上りも下りも1.5km程度と意外に短い。
速度が出ないので余計に長く感じるのかもしれません。

ちなみにこの日の走行距離は90km弱で、アベは約20km/h。(遅っ!)
ああ、しかしこんなに走ったのは何年ぶりだろう? もうヘロヘロである。。。

う~ん、ま、とりあえずタニタク師匠が企画されている「ロンググラベルツアー」に向けてコツコツと身体を慣らしていかなければ。。。

NINER RLT9 (Canon PowerShot SX710 HS)

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

カテゴリー: ロードバイク関連 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です