琵琶湖テラスから蓬莱山へトレッキング

奥方と共に大分前から気になっていたスポットへ。

朝7時にアクセラ号で自宅を出発。
ちなみにその前にロードで軽く40km程走ってきました。
朝4時起き。
ま、仕事が超立て込んでいる今日この頃。貴重な休日は有意義に使います。

梅雨入り前の爽やかな日曜日。
湖西道路辺りでかなりの渋滞を予想してましたが、意外にもスーッと8時半頃には琵琶湖バレイ下の駐車場に到着しました。

駐車料金は2000円と高め。
ロープウェイ乗り場までのシャトルバス料金込みとのことですが、この日は乗り場近くの駐車場に止めれましたので必要なし。

とりあえず登山靴に履き替えてロープウェイ乗り場へ。
ロープウェイは9時運行開始ですが、チケット売場にはすでに結構な行列。

満員のチケット売り場

往復2,500円チケット

それでも10分程でチケットを無事ゲット。
そのままロープウェイ乗り場へ。
この日はお客さんが多いためか9時前なのにもうロープウェイは動き出してる感じです。

定員120名の巨大なロープウェイで一気に1000mを登って行きます。
奥方とロープウェイが動く前に麓から歩いて登ることも考えたのですが、調べると片道2時間半もかかるとのことであえなく断念。(もはや修行や…)

で、たった4分で山頂駅に到着。(早っ…)
まずはお目当ての琵琶湖テラスへと向かいます。

念願の琵琶湖テラスに到着♪

専用カフェスペースからの眺め

素晴らしいスポットです

想像通りの素晴らしい景色。
普通こういう展望スポットでは柵が設けられてのですが、ここは境界に1mほどの幅で水が張ってあるだけなので、視界の広がり方が全然違います。
それにしてもこのアイデアは秀逸もの。
思いついた人を本当に尊敬してしまいます。もしかするとこの方式が他でも流行るかもしれませんね。

さてこうしている間も、テラス内にはどんどん人が増えてきましたので、早々と撤収。
スキーゲレンデを闊歩して蓬莱山の山頂へと向かいます。

蓬莱山へと向かいます

途中でブランコに興じる奥方の図

結構な勾配を登り切って山頂に到着。
と、ここにも円形の展望スポットがありました。

蓬莱山山頂にある展望エリア

ここも見事な眺望です

陽射しは強烈ですが、さすがに1174mの標高だけあって、とても心地良い風が通り抜けます。(ああ、ココもエエとこや~)

さ、ここからは小女郎ケ池まで本格トレッキングの始まりです。

いざ小女郎下ケ池へ

以降、「蓬莱山から小女郎ケ池へトレッキング」編へ続きます。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

カテゴリー: トレッキング関連 | コメントする

明日の子供たち

「あっ、そうだったのか?」

朝の通勤電車内。とりあえずカバンから慌ててマスクを取り出します。
えらいこっちゃ。いや、コレは全く予想してなかった。
ま、終盤の奏子ちゃんのスピーチあたりから少々ヤバかったのですが、何とか堪えて「ああ、良い物語だった」と読み終えて、その先のページを繰った瞬間に「あっ」とウルウル状態に・・。(コレはアカン・・)

明日の子供たち(有川浩)幻冬舎文庫

それにしても有川浩さんは良い。

私の大好きな作家さんの一人。
ちなみに奥さんも結構好きなようです。(特に「植物図鑑」がお気に入り)

ああ、しかし今日は良いお天気だったな。
ま、ガッツリお仕事でしたが。。。

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

新緑の大宇陀お気に入りコースへ

自転車には最高の季節です。

奈良の大宇陀にある温泉にクルマをデポして、東吉野から室生寺あたりをクルっと一周するお気に入りのコース。
距離は80km弱。累積標高は1500m程度。終始あまり踏まずに気持ちの良いペースで流す感じ。

新緑の香りを全身に浴びながら

この全身に木々の香りを浴びながら走る感覚は、ロードバイクならでわのもの。
バイクにも近いものがありますが、あのごついヘルメットとプロテクター入りのごついジャケットを着ると、この気持ち良さは半減してしまいます。
そしてエンジン音がないので、小鳥のさえずりや川のせせらぎまで聞こえるところが良い。

東吉野から室生寺へ抜ける県道28号線「吉野室生寺針線」はお気に入りの道。
いかにも日本の田舎って感じの風情があって良い。
標高がそれほど高くないので、夏場は暑すぎますが、この季節なら最高です。

お気に入りの県道28号線

自撮りに挑戦

特に急くようなこともないので自撮りに挑戦してみた。

とりあえずWi-FiでカメラとiPhoneを接続させてリモートで撮ろうとしましたが、片手運転が難しくて断念。
アップルウォッチでもできそうだったのですが、ネットで説明を見るのが面倒臭くなって断念。

結局ピントを固定させて、10秒タイマーをセットしてから、ポチっとシャッターを押し。やおら秒数を唱えながら急いでバイクに跨り、ペダルを拾って走り出し、そしてUターンして戻ってカメラを回収しました。(超メンドクサイ)

ま、傍から見たら「あのオッサン何してるんやろ?」て感じでしょう。^^;

 

カテゴリー: ロードバイク関連 | 2件のコメント

2018年桜

先日、T師匠に誘われて行ったグラベルツアーの途中で見つけた枝垂桜。

見事な枝垂れ桜

場所は、え~っと、大阪の貝塚にある関西医療大学から小谷へ抜ける地道の外環を潜った先です。(これでわかるかな・・笑)

とっても見事な枝垂れ桜だったので、後日一人で行って撮影してきました。

こんなところに枝垂桜が

下から見上げてみる

もう春の陽射しですね

うん、春ですね。

ていうか、ちょっと暖かすぎませんか?

 

カテゴリー: ロードバイク関連 | コメントする

S660のライトと星空と

久々の星撮りです。
撮影ポイントは和歌山県日置川町のお気に入りスポット。

この日は『バキューン!』て感じに攻めてみました。

星空に向かってバキューンて感じ

星空へ駆け上る感じ

一度やってみたかった撮り方。
まず星空を撮って、次に設定を変えてテールランプを撮って、そしてまた設定を変えてタイマーをセットして、やおら車に乗り込んで走り出します。
で、Uターンして戻って、カメラと三脚を回収。

ま、相当面倒くさい。
でもこうして思い通りに撮れた写真を見るとその苦労も忘れてしまいます。

それにしても相変わらずの素晴らしい星空。
そして夜明け前にはもう天の川が見えるようになってきました。

ヘッドライトがキラリ☆

テールライトもキラリ☆

やっと春がやって来ましたね。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

カテゴリー: S660関連, 星景写真 | コメントする

S660を添えて夕陽撮影

とっても寒い日が続いてます。

さすがに星空を撮影しに行く勇気は沸きませんが、夕陽ならと自宅近くの海の見えるお気に入りの撮影スポットへ。

HONDA S660 (CANON EOS 6D Mark2 + TAMRON 28-75mm F2.8)

HONDA S660 (CANON EOS 6D Mark2 + TAMRON 28-75mm F2.8)

とても透明度の高い夕焼け空。
夕陽の場合はこれくらい雲があった方が、光に表情が出て良い。

ああ、しかし星空も撮りに行きたいぞ・・。

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

カテゴリー: S660関連 | コメントする

賀春

新年あけましておめでとうございます。

今年もロードバイクやグラベルロードをはじめ、山歩き、カメラ、キャンプ、クルマ、パソコン、そして料理と、遊ぶことを中心に気ままに綴っていきますので、何卒宜しくお願い致します。

グラベルロードで初ライド

ま、お仕事もプライベートも少々取り込んできておりますが、「とにかく機嫌良く丁寧に過ごしていれば何とかなる」というスタンスで乗り越える所存でございます。

カテゴリー: ひとりごと, ロードバイク関連 | 2件のコメント

S660号のドリンクホルダーはコレで決まり

S660号のドリンクホルダーってかなり使いづらい位置にあります。

こんなところにドリンクホルダーが・・

左手で取ろうにも右手で取ろうにも微妙な位置。

てことで、メーカーから純正オプション品(何と5940円!)も出ているのですが、助手席に座る人に邪魔になりますし、ソロキャンプ時の積載性にも問題となってしまいます。
またエアコンの吹き出し口に取り付けるタイプも考えたのですが、風向きを調整するのに不便ですし、見た目もイマイチ・・。

てことで、色々と試行錯誤した後にたどり着いたカップホルダーがこちら。

セイワ(SEIWA) 車用 ドリンクホルダー ブラック W789

元々はベンチシートタイプの車のシートの間に器具を挟んで固定するタイプのドリンクホルダーなのですが、裏にマジックテープを貼って、S660号のこの位置に固定すればこんな感じに・・。

この位置に設置します

ちなみに現在このドリンクホルダーは廃版になって、下の新しいタイプのものが発売されているようです。(こっちの方がエエがな・・)

セイワ(SEIWA) 車用 ドリンクホルダー シート3ドリンクホルダー ベンチシート取り付け ブラック W819

運転中はこんな感じ

この位置、左足の邪魔になるように見えますが、意外にいけます。
コーナーを回るときに左膝で支えるような際にも特に問題ありません。
ま、私の場合は身長167cmで身体も細いですので、もっと大柄な方は厳しい位置かもしれません。
その辺りは、前もってイメージしていただいた方がよろしいかと。

以上、S660号のおすすめグッズ紹介コーナーでした。。。

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

カテゴリー: S660関連 | コメントする

オープンエアドライブは冬に限ります

久々にS660号でオープンエアドライブ。

OLYMPUS STYLUS TG-4

自宅からR26をひたすら南下してそのまま和歌山市内のラーメン店に寄って帰ってきました。
知らぬ間に泉南から先の無料高速区間が和歌山市内まで伸びていてビックリ。
みさき町あたりの混雑区間を見事に回避して一気に孝子峠を越えることができました。

それにしてもオープンエアドライブはやはり冬に限ります。
気温は10度ほどですが、両側の窓を閉めて(なぜかバックウインドウは開けた方が良い)、MIDヒーターをお腹辺りに当てれば(露天風呂モードです)、風の巻き込みも少ない超快適なオープンドライブとなります。

ちなみに本日行ったラーメン屋さんは外れでした。(あら、ダメだこりゃ・・)
うん、やはり食べログの点数(ちなみに3.53点でした)はアテにならないんですよね~。。。

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

カテゴリー: S660関連 | コメントする

マビック キシリウム プロ エグザリット・・・

今更ながらロード用のホイールを新調。

ま、要するに山籠もりするためのモチベーションアップ用です。笑

以前から黒いリムのアルミクリンチャーモデルには興味はあったのですが、こうしてこのTIME号に装着してみると、恐ろしいほど似合ってるように思います。^^
ちなみにこのホイールのスポークは前後輪とも一本だけイエロー色になっていましたが、それもわざわざブラック色に変更してもらい、そしてリムに貼られていた黄色いステッカーもすべて剥がしました。
てことで遠目には何のホイールか全然分からなくなってしまいましたが、とても精悍な顔つきになって良い感じです。

で、日曜日に早速近くを走ってみることに。

府道211号のトンネル

融通念佛宗西恩寺

信太山駐屯地

いかにもキシリウムって感じのシャキッとした乗り味。
剛性感の高いハブが滑らかに回り、走っていてとても気持ち良い。
タイヤもマビック製ですが、これもなかなか良い。
前後専用設計で25cと少し太め。空気圧は7barでちょうど良い感じ。

上りも軽い。
以前はシマノのRS81-C24で、そこそこ軽いホイールだったのですが、明らかにギヤ1枚軽くなりました。
それにしてもホイール一つでこんなにも乗り味が変わることに改めて驚いた。

ちなみにブレーキも専用品ですが、効き味の方は独特。
軽く引くと「シューン」って感じの音がして、強く引くと「ギギャー!」と周りの人が振り返るほどの爆音を響かせます。
ネットで確認するとどうも新品のうちだけらしいので、しばらくすると馴染んでくるのでしょう。

さあこの冬はこれで走りこむぞ。
目標はまずマイナス3kgやな。。。

 

カテゴリー: ロードバイク関連 | 2件のコメント