S660で六ツ矢崎浜へソロキャンプに行ってみる

先週土日でS660でソロキャンプに行ってきました。

ソロなのでキャリアはなし。
とりあえず助手席に目一杯キャンプ用品を積み込みます。

キャンプ用品満載です

キャンプ用品満載です

運転スペースは確保できてます

運転スペースは確保できてます

でもちょっとこれでは不安定でしたので、結局三脚や椅子、机などはフロントスペースに入れて、オープンで走ることは諦めました。
ま、初日はほとんど高速ですので、無理してオープンにすることもないでしょう。

この日の目的地は「六ツ矢崎浜オートキャンプ場」です。
琵琶湖の湖岸にあって、サイトからの景色が良さげで、車の乗り入れもでき、そして街からもかなり離れていますので、星撮りができそうなキャンプ場として、以前から目を付けていた所です。

14時前に大阪の自宅を出発。そして16時すぎにキャンプ場に到着。結構近い。
早速受付。費用は入場料が大人1名1000円と、駐車場代1000円で合計2000円。結構安い。
しかし気の良さそうな受付のオジサンに「今日は風が強いから気を付けてくださいね~」と言われます。
そう、この日は気象台からも「木枯らし一号」が発表されていて、かなりの爆風が吹き荒れております。。。( ̄▽ ̄)

それでもキャンプ場内には、ソコソコの数のキャンパーがテントを張っていました。
でも敷地は広いので、それほど設営場所に苦労するほどではありません。
とりあえず敷地のかなり奥の方まで車を乗り入れて、そして湖からの強風を立木と車で風を遮るような位置に何とかテントを設営します。

爆風で湖が波立ってます

爆風で湖が波立ってます

正直S660では小さいし低いので、あまり役に立ってない気もしますが、まあ何もないより遥かにマシです。^^;
最近は無精こいて数えるほどしかしてなかったペグダウンも、この日はさすがにガイドロープまで張って万全の体制を整えます。
ま、でもこのスノーピークのアメニティドームSは風にはめっぽう強いとの定評がありますので、設営してしまえばとりあえず安心。

夕食はBBQ。
食材は家の冷蔵庫から拝借してきた鶏モモ肉とウインナー。
BBQコンロをテントの風下側に置いて、前室の開口部から半分身を出すようにして、何とかモモ肉を焼き鳥風に炭火焼します。ついでにコンビニで買ったおにぎりも、焼きおにぎり風に。(おお旨い・・^^v)
そして缶酎ハイをちょびちょび呑みながら、この日は読書で秋の夜長を過ごすことにします。

この日持ってきたのは「楽園のカンバス」(原田マハ著)という文庫本。
いや~面白い。数年前に東京のオルセー美術館展でアンリ・ルソーの絵を見て、思わずファンになってしまった私には、たまらない一冊でした。

そのまま21時すぎまで夢中になって本を読んだ後、ふとトイレへと外に出ます。
すると風がかなり収まってきて、空を見上げるとキレイな星が輝いていました。(おっ)
てことでトイレを済ませた後、とりあえず一眼レフと三脚を取り出して、撮影ポイントを探します。
しかしこのキャンプ場内には、いたるところに外灯があって、その光がなかなか強烈。

「う~ん、これは厳しいな~」と思いながらも、とりあえず撮影してみます。

六ツ矢崎浜オートキャンプ場からの星空 (Canon EOS6D + TAMRON SP 15-30mm F2.8)

六ツ矢崎浜オートキャンプ場からの星空 (Canon EOS6D + TAMRON SP 15-30mm F2.8)

ハハハ、こりゃダメですね。。。^^;

星空、湖、立木、草原、そしてS660と、もうロケーション的には抜群なのですが、いかんせん外灯が・・・。
その後、「もしかしたら夜中は消灯するかも」と期待しましたが、残念ながら一晩中消えることなく、そのまま朝を迎えてしまいました。。。

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の朝 (Canon EOS6D + TAMRON SP 15-30mm F2.8)

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の朝 (Canon EOS6D + TAMRON SP 15-30mm F2.8)

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の朝 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の朝 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の朝 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の朝 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

テント内からの景色 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

テント内からの景色 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

昨晩の爆風が嘘のような静かな朝です。
ま、星空は残念でしたが、この朝の景色はなかなかのもの。
こんな景色をポーっと眺めながら、淹れたての熱いコーヒーを楽しむこのひと時は、やはりたまりません。^^

ちなみにこの日は、ここから若狭に出て丹後半島まで足を延ばしました。
目的地は「宇川温泉 よし野の里」という丹後半島の北側にある温泉施設です。

食材や炭などが減ったので、幌を開けて走ることにします。
ちょっと寒いくらいの気温でしたが、S660には腰のあたりに温風を当てる吹き出し口があるので、上に薄手のフリースを羽織ればとても快適。

宮津から丹後半島を回りながら、お昼過ぎに宇川温泉に到着。
向こう側に海が見える玄関に入って、温泉へと突入します。。。

宇川温泉 よし野の里

宇川温泉 よし野の里

いやいや素晴らしい温泉でございました。

かなり大きなお風呂で、露天風呂はもちろん、内風呂からも日本海を大きく望むことができます。
この日は私の他に3人程度。
湯の温度がそれほど熱くないのが良い。本当にゆっくりと入れました。
今まで色々な温泉施設を利用しましたが、ここからの景色はその中でもベストかも。これで600円は安い。
気候の良い時期には、ここに車をデポしてロードバイクで丹後半島を走るのも良い感じです。

さてこの2日間のS660での走行距離は500km超。いやいやよく走りました。でも楽しかった。
ちなみに燃費の方は24km/L程度と、相変わらずの低燃費。
HKSマフラーも馴染んできたのか、ますます良い感じのサウンドを奏でてくれます。

それにしてもエンジン音を楽しめるのは本当に大きい。。。

にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ
にほんブログ村

カテゴリー: S660関連, キャンプ関連, 星景写真 パーマリンク

S660で六ツ矢崎浜へソロキャンプに行ってみる への1件のフィードバック

  1. ピンバック: S660号のドリンクホルダーはコレで決まり |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です