南紀串本リゾート大島キャンプ場にて星空撮影

ソロキャンプ第二弾の目的地は「南紀串本リゾート大島」です。

Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 16mm f2.8 15sec ISO6400

リゾート大島からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

以前から、星撮りができそうなキャンプ場として目を付けていたところ。
それとキャンプ場内に露天風呂があることも嬉しいポイントです。

8時半に大阪を出発。
自宅から犬鳴越えで和歌山に入り、海南から広川の間だけ湯浅御坊道路を使い、御坊の「まるよし」で和歌山ラーメンを堪能してから、そこからすべて下道で、リゾート大島に着いたのは14時ごろ。まあ、やはり結構距離があります。

まずは受付にて料金を支払います。サイト料(普通サイト)が2160円と、入場料が1080円。そして露天風呂に入るのが別途300円で、合計で3540円とソロキャンプにしては少々お高め。でも施設はとてもキレイで、しっかりと管理されてる感じです。
ちなみに露天風呂は完全予約制で、受付のときに17時からで予約を入れました。

「夜に星を撮影したいので、できるだけ暗いところってありますか?」と聞くと、「あ、それならココがおススメです」と、一番奥のドッグランがあるサイトを紹介していただきました。

てことで、こんな感じに本日の宿が設営完了です。

設営完了

うん、なかなかエエ感じ・・(しかしゴースト出まくり)

ガラガラです

しかしガラガラ・・

いやいや、コレは確かにエエところ。
周りには他のキャンパーさんが全くいませんので、余計な光も入ってこなさそうな感じです。

お風呂までしばらく時間がありますので、近くを散策してみたり、コーヒーを入れてみたり、あぐらチェアで本を読んでみたり、そのままお昼寝したりしながら時間を潰します。

メインサイトはこんな感じ

メインサイトはこんな感じ

使いやすいプリムスのガスバーナー

使いやすいプリムスのガスバーナー

スノーピークのチタンマグカップ

お気に入りのスノーピークのチタンマグカップ

ちなみにこの日読んだ本は「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと」。
まだ途中までしか読んでませんが、かなり興味深い内容。
齢50歳を超えて、これからどう生きていくのか・・。そしてどう死んでいくのか・・。(ふ、深すぎる・・)

で、17時になりましたので、歩いて露天風呂へ。

露天風呂の建物

露天風呂の建物

受付で渡された鍵を開けて中に入ります。
「もしかして、いやまさか・・」と薄々感じてましたが、予想通り誰もいません。どうやらこの予約時間中は私一人だけでこのお風呂に入れるようです。(マジか?)
てことで、そのままデジカメ(防水仕様です)持参で露天風呂へと潜入することにしました。。。

脱衣場から風呂場へ・・

脱衣場から風呂場へ・・

な、何だこの露天風呂は?!

エ? ナニコレ?!

ふえ~!コレは極楽じゃ~!

ふえ~!なんじゃこの景色は~!

いやいや、コレはビックリしました。
こんな景色の露天風呂は初めてです。ていうか、コレが300円なんて安すぎです。
いやこの風呂に入るだけでも、このキャンプ場に来る価値があると思います。

ちなみにこの隣にも同じタイプの露天風呂がもう一つあるのですが、繁忙期にはさすがにこうして独り占めすることはできないかもしれません。
てことで、時間一杯までたっぷりと露天風呂を堪能いたしました。

その後、またBBQコンロで一人居酒屋をやりながら、そしてiPadに入れた映画を見ながら、月が沈むのを待ちます。
ちなみにこの日見た映画は「ビリギャル」。(結構感動・・)
それにしても最近、安田顕くんの活躍ぶりが凄まじい。(onちゃんも良かったけど・・)

あ、そうそう、本来の目的の星空の方も快調に撮影させていただきました。

Canon EOS6D + TOKINA16-28mmF2.8 16mm f2.8 20sec ISO6400

リゾート大島からの星空 (Canon EOS6D + TOKINA AT-X 16-28mm F2.8)

Canon EOS6D + TOKINA16-28mmF2.8 16mm f2.8 20sec ISO6400

リゾート大島からの星空 (Canon EOS6D + TOKINA AT-X 16-28mm F2.8)

この「TOKINA AT-X 16-28mm F2.8」は非常にコストパフォーマンスの高い広角レンズなのですが、超出目金レンズですのでソフトフィルターが使えないところがまさに玉にキズ。
下の「SIGMA 15mm EX Fisheye」にはソフトフィルターが導入されていますが、明るい星がより大きく写りますので、やはりこっちの方が断然見栄え良くなります。(木星がまるで月のように大きくなってしまいましたが・・^^;)

Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 16mm f2.8 15sec ISO6400

リゾート大島からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE 16mm f2.8 15sec ISO6400

リゾート大島からの星空 (Canon EOS6D + SIGMA 15mm F2.8 EX FISHEYE)

ちなみにTOKINAレンズにどうしてもフィルターを装着したい場合は、後玉に小さくかぶせる形にするような裏技しかないようですが・・・うん、今度挑戦してみようかな?

それにしてもこのキャンプ場は、空が大きく広がっていてとても気持ち良い。やはり冬場のふたご座流星群の撮影などにはとても良いロケーションになりそうな感じです。

で、23時ごろに一旦撮影を終了して就寝。
もしかすると天の川が撮れるかもと、一度3時くらいに起きて南の空を確認してみましたが、残念ながらもう薄雲がかかっていて見えませんでした。

てことで、二度寝して午前7時に起床。
サクッとホットサンドを制作。(結局ホットサンドメーカーを買いました・・^^;)
そしてホットコーヒーを飲みながら、朝のまったりとした時間を過ごします。

なかなか良いところでした

なかなか良いところでした・・・

ちょっと焦げました・・・

ちょっと焦げました・・・

6枚切りの食パン2枚に、ハムに辛子マヨを付けて挟んで焼いただけのシンプルサンド。
でも、とても美味しい。やはり朝は暖かいものが食べたくなる。後で洗い物が増えないところも良い。

その後ちょっとゆっくりして、9時過ぎにキャンプ場を出発。
新宮に寄って以前好評だったお土産を買ってから、十津川経由で山の中を突っ切って、大阪へ14時ごろに帰還いたしました。

さてソロキャンプも2回目となると、少し余裕ができてきました。
しかし前回ちょっと寒かったので、コットの上にブランケットを敷いて寝ましたが、今回は夜にかなり冷え込んだこともあって、まだまだ寒かった・・。(やはり3500円のシュラフでは厳しいか?)
別にシュラフカバーか何かを検討するか、シュラフ自体を考え直すべきか、いやもうそろそろ暖かくなるのでこのままでもいけるのか・・。

ま、とりあえずその前に、ヘキサゴンタープとか、ウォータータンクとかも欲しいし。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

カテゴリー: キャンプ関連, 星景写真 パーマリンク

南紀串本リゾート大島キャンプ場にて星空撮影 への6件のフィードバック

  1. イノクロフ のコメント:

    リゾート大島、行ったんすね!
    めっちゃええでしょ?
    特に、太平洋を望む露天風呂、ここでしか味わえないロケーションですよねぇ~。
    ここは毎年秋にサカタニ「大人のキャンプ」でお世話になってます。
    去年は残念ながらワケあって開催されませんでしたが。。。
    キャンプグッズ、これから吟味して揃えていくの、楽しみですね(^^♪

    • vanboo のコメント:

      おお、これはこれは、イノクロフ殿ではございませんか。
      はい、ホントにあの露天風呂からの景色は絶景でした。
      今度は一度夜にも入ってみたいですね。三脚まで持ち込んで露天風呂からの星空を撮ってみようかな?笑

      それにしても、サカタニ「大人のキャンプ」が気になります。(何をするんだろ~?)

  2. るみちゃん のコメント:

    シュラフは難しいですよね~。
    自分の旅の時は奮発して約2万5千円のを買いました。
    コンパクトにしようと思うとどうしても高くなるようで。
    中のシャツを重ね着するとかで対応するしかないかも・・・。

    後は、テント内で酸欠に注意が必要ですが、ガスの火を使うと
    一瞬で暖かくなります。火を消すと一瞬で寒くなりますが…(^_^;)

    • vanboo のコメント:

      シュラフは、もっと良いのを買おうかと思ってます。
      モンベルあたりにすれば間違いないでしょう。今のは夏用に使っときます。

      テント内でのガスバーナー暖房は、お手軽ですがあまり効率が良くなさそうですね。
      ちなみに、何とテント内で使える薪ストーブもあるようです。
      http://www.maki-stove.jp/original39.html

      それにしてもキャンプの世界というのも奥が深い。。。

  3. satelihgt57 のコメント:

     関西の星見スポットで ほとんどの方が知らない場所ですね。Gアースで探して行ったんですが予想通りのロケーションでした。
     南の空が地平線近くまで暗い理想的な条件。京阪神からちょっと遠いですけど。
     以前は、ドミートリー3000円で宿泊可能でした。今はコテージだけになりましたので
     潮岬近くのYHにしています。
     

    • vanboo のコメント:

      satelihgt57 さん。コメントをありがとうございます。
      そうですね、あまり知られていない星撮りスポットかもしれません。
      とにかく空が暗くて、そして場所を選べば周囲も真っ暗ですので、特に星雲や銀河などの追尾撮影には持ってこいだと思います。
      来年2月からの料金改定でオフシーズンの場合はかなり安くなるようですので、また行ってみたいですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です